公爵夫人の50のお茶レシピ 117話ネタバレ|謹慎を解かれたアーサー、アルフォンスに対抗

漫画公爵夫人の50のお茶レシピは原作Lee Jiha先生、漫画Ant Studioの作品でピッコマで配信されています。

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」117話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
クロエはお茶会を開き、そこで新たに仕入れたサモワールを紹介しました。実演してみせたあと、お茶に渋みが出ているので甘いものと一緒に飲むことを推奨します。そして、用意してあったのは…。

≫≫前話「公爵夫人の50のお茶レシピ」116話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ117話の注目ポイント&考察予想

長時間煮出したお茶は渋みが出るので、そこにジャムを入れて飲むことを推奨したクロエ。

最初は驚いていた招待客も実際に味わうと魅了されます。

お茶会は大成功に終わり、ジャムの売れ行きが伸びるという嬉しい事態にも。

 

一方、平民の間では相変わらずジン中毒が問題となっていました。

ある日貴族に対して暴力沙汰が!

謹慎を解かれたアーサーはアルフォンスと張り合って…。

公爵夫人の50のお茶レシピ117話のネタバレ込みあらすじ

お茶会は大成功

クロエが用意してあったのはジャムでした。

最初は怪訝な顔をしていた招待客は、フルーツアイスティーを説明されて納得します。

各々が好みのジャムを入れて味わい、その組み合わせの妙に魅了されました。

 

お茶会は大成功に終わります。

後にこの飲み方が流行となりジャムの売れ行きも伸び始めます。

さらには、バーテンベルク家お抱えの商人を通してサモワールを購入する人まで現れました。

市民の不満とジン中毒問題

謹慎を言い渡されていたアーサーは、ようやく日常に戻ることを許されます。

頭を冷やしたアーサーは、なぜあれほどクロエに執着していたのか考えました。

でもそれは反省ではなく自分の都合の良いように解釈しただけ。

 

心の奥ではクロエ、そしてアルフォンスに対して悪感情は残ったままでした。

その頃庶民の間ではジン中毒が問題視されはじめます。

ある日、ジンに酔った男たちが往来でケンカを始めました。

 

そこにキーナン子爵という貴族の馬車が通りかかります。

道をふさいでいる男たちに高飛車に道を開けろと命じたキーナンは、普段から鬱憤の溜まっていた男たちに暴力を振るわれてしまいました。

 

この件は貴族の間で大問題となり皇室会議でも議題に上ります。

会議では厳罰を下すべきだという意見と、市民を擁護する意見に別れました。

アルフォンスを敵対視するアーサー

皇帝がアーサーに意見を求めると、アーサーは当然厳罰に処するべきっだと答えました。

継いで意見を求められたアルフォンスは、これはジン中毒と貧困問題という社会的脈絡から理解するべきだと述べます。

 

さらに、調査でキーナンが過剰な税を徴収していて日頃から市民が不満を募らせていたことも報告しました。

感心する皇帝に、アーサーは皇帝は自分よりアルフォンスを信用しているように感じ…。

アルフォンスはクロエだったらこうすることを望むだろうと思っていました。

 

皇帝はそんなアルフォンスの変化をお見通しで、結婚して穏やかになったと言葉をかけます。

問題の結論は、暴力による処罰だけに留め、キーナンの統治状況について調査することに。

さらにジン中毒に対する具体策を速やかに立てることを命じました。

 

皇帝はこの件をアルフォンスに一任しようとしますが、そこでアーサーが異議を唱えます。

自分こそが適任者だと手を上げました。

そこで皇帝はアルフォンスとアーサー2人に任せることに決めます。

 

腑に落ちない様子のアーサー。

今度こそアルフォンスに勝ってやると闘志を燃やしました。

公爵夫人の50のお茶レシピ117話の感想&次回118話の考察予想

お茶を飲む文化のなかった帝国に、どんどん色々な飲み方を広めていって順風満帆のクロエ。

社交界でもうバカにする人なんていませんね。

アーサーは全然変わっていない…。

 

手に入らないから壊してしまおうになりそうで怖いです。

さすがに反省しているかと思ったのに、未だにアルフォンスに対して見当違いな対抗心を燃やしているんですね。

皇帝が気の毒になってきました。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』117話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

公爵夫人の50のお茶レシピの117話のまとめ
  • お茶にジャムを入れるという飲み方は好評で、後にジャムの売上も伸びる。
  • 市民の間でジン中毒が問題視され始めた頃、貴族が酔った市民に暴力を振るわえるという事件が起きる。
  • 会議で意見を求められたアルフォンスは、下剋上という意見にこれは貧困という社会問題に根付いていると反論する。
  • 皇帝は事件の担当をアルフォンスに任せようとするがアーサーが自分が適任者だと異論を唱える。2人で担当することになる。

≫≫次回「公爵夫人の50のお茶レシピ」118話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら