トーテムの領域 ネタバレ42話|ピッコマ漫画|予定外の事に焦るセラとクードゥの事実

漫画「トーテムの領域」は原作SOOHYEON先生、漫画SOOHYEON先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「トーテムの領域」42話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
縛られて動けないアシャルは、ソリヤにセラが無事なのかを聞きます。ソリヤはアシャルがセラに興味があると感じ縄をとき、セラの居る場所に連れて行こうとするのでした。

≫≫前話「トーテムの領域」41話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

トーテムの領域42話の注目ポイント&考察予想

ソリヤはアシャルがセラのことを異性として意識していると捕らえているようですが、アシャル自身はどう思ってるのかがポイントですね。

自覚がないのか、シャーカが大事にしている人だからなのかはっきりできる描写があればいいなと思います。

そして、予定通り進行してない状態で、セラはセイハに足を舐められた状態でどう対処するのかも見どころですね。

トーテムの領域42話のネタバレ込みあらすじ

アシャルはソリヤが話す意味がわからずどういう意味か聞き、あの女に興味があるように見えると話す彼女。

意味がよくわからないアシャルに、あの女と愛を分かちあいたいかどうかを聞きます。

アシャルは顔を真っ赤にして、女だから興味があるわけではないと否定しました。

 

アシャルもなぜセラに興味あるのか聞くと、それは頼まれたときに聞くものだとはぐらかされました。

彼女を渡すつもりはなかったと反論すると、シャーカの場所を教えたのに約束やぶるつもりだったのねと話し、あなた達の目的はシャーカに会うことだったのでは?と質問します。

そうだけどと、うつ向きながら答えるアシャルは、シャーカが大事にしている人だし、またシャーカから大切な人を奪うことはできないと真顔で話すのでした。

 

彼女は一瞬何かを考え、とにかく村にいかないと行けないとだけアシャルに伝え、村に向かおうとします。

そして、ウサフィ族の男があの女を狙っていると伝え驚くアシャル。

シャーカとグースティはいないかソリヤに聞きますが、ソリヤはどうしようか頭をめぐらしています。

 

彼女は突然ふりかえり、アシャルは弓矢を使えるから弓矢はないのかと聞きました。

どうしてその事を知っていると驚く彼に、弓矢であの男を狩るから持ってきてと頼むのでした。

 

一方セラは、セイハが獣のようになり足を舐めているのを見ながら、意味がわからないと困惑状態。

周りには沢山人もいるし、何やら話をしているから恥ずかしくて仕方ありません。

逃げようとしてもチカラがはいらない状態で、どうしようと考えていると、遠くの茂みから顔をだしているソリヤを見つけるのでした。

 

何をしてるのという怒りと、どうしてそんなところに居るのかと叫びたいくらい動揺するセラ。

話はクードゥで作戦を聞くところまでさかのぼります。

成人の儀を行なったあとに、母親から子供の作り方を教えてもらうと説明し、満月が昇ったら成人の儀を終えた人たちがそれぞれの部族から集まり事をするとのこと。

 

相手はどうするのか聞くセラに、男が先に部屋で待っており、そこに女が入っていくとソリヤは説明します。

そして気に入ったら愛し合い、その後はセラのほうがよく知っていると話すソリヤ。

そして愛し合うのはどんな感じなのか聞く彼女に、話をそらすセラ

 

私が住んでいた場所に行けるって話をしだすセラに、なんで教えてくれないのかと疑問に思うソリヤ。

その場所にはクードゥを通じて行けると説明する彼女に対し、こっちは真剣なのにと冗談でごまかされていると呆れ顔で話すセラに、冗談じゃないと彼女は真顔で話します。

外地の人のことは聞いたことあるかというソリヤの質問に、タティラ部族と交流がある外地人がいることは知っていると話すセラ。

 

この森に現れる害知人は川の向こうと、海の向こうから来ると話し、もう一つはクードゥを通じて来ると彼女は知らせます。

そしてセラはクードゥが引っ張ってきたんだと話しました。

しかしセラは説明を続ける彼女に待ったをかけて背をみせて考えます。

 

その姿を見て、信じてないのか、それとも混乱しているのかと考えるソリヤ。

セラはソリヤに、夢物語を話すのをやめようと伝えようとすると、建物が動いたような感覚があったのです。

ソリヤはソラに、クードゥが生きているのを感じることができたか聞くのでした。

トーテムの領域42話の感想&次回43話の考察予想

クードゥはどう見ても、古代などでよくある建物という感じですが、生きているというのはびっくりですね。

これでセラもソリヤの事をある程度信じたのかなと思います。

ですが、完全にワープしてやってくるような感じなので、セラが信じないのもわかる気がします。

 

そしてソリヤの話しでは、セラは海からではなくクードゥが連れてきたという説明でしたよね。

クードゥが連れてくると特別なチカラがあるということなのかなと感じました。

そうなると、セラは選ばれた人間というソリヤの話しも真実味があるかなと。

 

ソリヤは愛し合うことに対し興味津々だけど、セラはかなり消極的になるのが心象的でしたね。

アシャルが弓矢を使えることを知っていて、アシャルが驚いていたことに等も含めて、まだまだソリヤは謎だらけなので、今後色々と明らかになっていってほしいと思います。

まとめ

今回は漫画『トーテムの領域』42話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

トーテムの領域の42話のまとめ
  • アシャルはセラの事を異性として意識していると考えるソリヤだが、シャーカが大事にしている人だからというのがアシャルの言い分だった。
  • セラがウサフィ族に狙われてることを彼に話し、弓矢をもってきてとお願いする彼女に対し、なぜ使えることを知っているのか驚く彼。
  • 話しはクードゥでの話に戻り、成人の儀をした後の事とかを教えてもらい、セラはクードゥが連れてきたと説明するソリヤ。
  • 信じられないセラだが、クードゥが動いている間隔を感じ、クードゥは生きていることをソリヤから知らされる。

≫≫次回「トーテムの領域」43話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら