私の後見人は冷血大魔法士 ネタバレ20話【漫画】テラの魔力の覚醒を知ったアインツ

漫画私の後見人は冷血大魔法士は原作Dae Sam先生、漫画Cacti先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「私の後見人は冷血大魔法士」20話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?

セラントはじっくりアインツを見つめました。こいつのほうが遥かに美しいはずなのに、なぜかあのテラという少女のほうが興味をそそられると考えます。

≫≫前話「私の後見人は冷血大魔法士」19話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

私の後見人は冷血大魔法士20話の注目ポイント&考察予想

テラの魔力

アインツは、テラには魔力がないものと思い込んでいました。

しかしセラントは、自分の魔法がテラに通じなかったことを知っているためアインツに話します。

アインツはすぐさまアーデルハイトに報告しました。

セラの魔力が覚醒したと聞いたアーデルハイトは…?

私の後見人は冷血大魔法士20話のネタバレ込みあらすじ

タニアを嫌うアーデルハイト

セラントは、やっぱり自分のコレクションにしたいと呟いて微笑みました。

王族であっても魔力のないテラに価値はないとアインツは答えます。

しかしセラントはその言葉を聞き返し、テラに自分の魔法が通じなかったことをアインツに話しました。

 

まさかとアインツは信じませんでしたが、セラントは嘘じゃないと話し、何度も試したせいでこのザマだと笑います。

アインツは考え込み、もう少し詳しく話してもらえないかとセラントに頼みました。

セラントとの話の後、アインツはアーデルハイトのもとへ向かいます。

 

アーデルハイトはいつも通り優雅に美しくアインツを迎えました。

疲れているだろうから部屋でゆっくり休んだら良いのにどうしたのかとアインツに笑いかけます。

まさかあの赤い虫がバカな真似でもしたのかとアーデルハイトは尋ねました。

 

アインツは否定し、タニア女王は西部との件で手一杯らしいと答えます。

情けないと応えつつ、アーデルハイトは満足げでした。

アーデルハイトは、自分に似合う美しいものだけを愛します。

 

アインツとアベラはその資格を満たしているため、二人は彼女の寵愛を受けることができました。

しかしアーデルハイトは自分に似合う美しさは認めても、手に入らない美は決して認めません。

冬の城には赤い髪の美女は存在しないのです。

 

赤い髪がタニア女王を連想させるからでした。

美しい妖精の女王タニアの不滅性と真っ赤な髪は、アーデルハイトがいくら冬の城の王妃であっても手に入れることができないものだったのです。

そんな単純な理由で、アーデルハイトはタニア女王を毛嫌いしていました。

アインツの報告を聞いたアーデルハイトは…?

少し気になる話を聞いたとアインツが切り出します。

アーデルハイトはソファーに座り、侍女たちがうやうやしく彼女の爪と髪の手入れを始めました。

テラの魔力が覚醒したようだとアインツはアーデルハイトに伝えます。

 

アーデルハイトの反応に怯え、アインツは俯いていました。

あの子が?とアーデルハイトは口元に笑みを浮かべて顔を上げます。

ほぼ確実だと話すアインツに、ここにいるときは大した取り柄もなかったのに今さらとアーデルハイトは笑いました。

 

覚醒したといっても微弱な魔力だからあまり価値はないと話すアインツに、アーデルハイトは首を振ります。

テラの価値はそれだけじゃないという言葉に、アインツはどういう意味かと尋ねました。

アーデルハイトはその問いに答えることなく、これも運命なのかもしれないと呟きます。

 

そして、アベラを西部に送ろうとアーデルハイトは告げました。

計算は正確にしないといけないから、アベラには私の娘の身代わりになってもらうという言葉に、アインツは青ざめたまま部屋を後にします。

テラを連れてくるためにアベラを送るなんて…と思ったアインツでしたが、悪くないかもしれないと考え直しました。

 

西部の領主ほどの大物ならどこにも引けを取らないはずだし、アベラを拒む人などこの世にいないとアインツは確信していたのです。

もしもいるとしたら完全に狂っているか、心が壊れた怪物だとすら思っていました。

一方ベルベット城では、イデルが通信でジュダに苦言を呈しています。

 

もちろんテラが胃もたれを起こした件でした。

テラは心の弱い少女で、常に相手の顔色を窺い自分への確信もないとイデルは話しますが…?

続きはピッコマで!

私の後見人は冷血大魔法士20話の感想&次回21話の考察予想

テラの魔力のことをアインツ、そしてアーデルハイトに知られてしまったことが心配です。

アーデルハイトは自分でテラを捨てたくせに、どの面下げてテラを呼び戻そうとしているのでしょうか?

冬の城にいるときからもっと大切にしてほしかったと思います。

 

価値がないならいらないというのはひどい話ですが、テラの価値を分かっていたようなので尚更そう感じます。

アベラを西部に送っても構わないと考えるあたり、アインツも腹黒そうですね。

まとめ

今回は漫画『私の後見人は冷血大魔法士』20話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

私の後見人は冷血大魔法士の20話のまとめ
  • セラントからテラに魔力があると聞いたアインツはすぐにアーデルハイトに報告しました。
  • アーデルハイトはあまり驚かず、アベラを西部に送ると告げ、アインツは驚きながらも受け入れます。
  • 一方イデルはテラへの接し方について、通信でジュダに注意していました。

≫≫次回「私の後見人は冷血大魔法士」21話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら