偽公女様と秘密の黒ウサギ ネタバレ30話【ピッコマ漫画】シンディアとの楽器演奏!

漫画偽公女様と秘密の黒ウサギは原作Han SeRam先生、漫画Sae Song先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「偽公女様と秘密の黒ウサギ」30話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?

カップケーキを差し出してくれた人はセンにそっくりでしたがドレスを着ていました。センがドレスを!?と戸惑うラリサの後ろで、ルンは呆れて眺めています。

≫≫前話「偽公女様と秘密の黒ウサギ」29話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

偽公女様と秘密の黒ウサギ30話の注目ポイント&考察予想

楽器演奏

センの姉、シンディアにラリサは楽器演奏に誘われました。

楽器を弾けないからとラリサは困ったように答えます。

教養として習ったピアノは、譜面通りに弾くことはできました。

それでも社交界のために習っただけだったので、心を込めた演奏の方法など、ラリサには分からなかったのです。

偽公女様と秘密の黒ウサギ30話のネタバレ込みあらすじ

センにそっくりな姉、シンディア

温室には女性の笑い声が響きました。

よく弟と間違えられるのだと笑っているのは、センにそっくりの女性です。

彼女と向かい合って座っているラリサは、双子なのかと恐る恐る尋ねました。

 

その女性は首を振り、自分が3歳年上なのだと答えます。

会えて嬉しいとラリサに笑いかけて、女性はシンディアと名乗りました。

シンディと呼んでくれと伝えながら手を差し出し、ラリサの名前を尋ねます。

 

ラリサはいつも通りゼルノアと名乗ろうとしましたが口ごもりました。

あなたの秘密が漏れることはないという手紙の一文を思い出したのです。

ラリサは少し沈黙したあと、ラリサと名乗りました。

 

今は公女ではなく、ただの自分なのだと考えたのです。

ラリサはシンディアの手を握り返し、自分も会えて嬉しいと笑顔を浮かべました。

素敵な名前だとシンディアも笑いかけます。

 

そしてすぐに、あなたはこの曲が好きだと思う!と叫んで、パチンと指を鳴らしました。

たちまち演奏家たちが弾いていた曲が変わり、ラリサは目をみはります。

さっきとはまったく違う演奏で、初めて聴く曲でした。

 

教養と気品を重んじた濃厚な曲が多い帝国では珍しく、あまり聴くことのない軽快な曲です。

一緒にやってみないかとシンディアはラリサに笑いかけます。

ラリサは戸惑って聞き返しました。

シンディアとルンとともに

この曲にはいろいろな音が重なり合うべきだとシンディアは笑顔でラリサに伝えます。

自分が楽器を演奏できないことをラリサは話しました。

教養としてピアノを習ったことはあります。

 

でもそれは社交界のために曲を覚えただけでした。

周りからは才能があると思われていますが、実際は譜面通りに弾くだけの人形に過ぎないとラリサは思います。

ラリサは心から演奏する方法を知らないからでした。

 

笑顔の演奏家たちを見つめて、ラリサは少し寂しそうな笑顔を浮かべます。

でも叩くことくらいはできるでしょうとシンディアは笑顔でラリサに尋ねました。

そして笑顔でラリサにトレイを差し出します。

 

トレイの上にはタンバリン、カスタネット、トライアングルが並んでいました。

選んでみてと笑いかけられ、ラリサは戸惑いながらトライアングルを手にして鳴らしてみます。

その横ではシンディアがタンバリンを手にとって、笑顔で叩いて鳴らしていました。

 

ルンの前にはカスタネットが置かれていたので、ルンは前脚でカチカチとカスタネットを叩きます。

ラリサの戸惑ったようなトライアングルの音、シンディアの楽しそうなタンバリンの音、そしてルンのカスタネットの音が響きました。

それはもう、音が重なり合うというよりめちゃくちゃでした。

 

でも不思議と、だからこそより曲が曲らしくなったように感じられたのです。

ラリサはシンディアと笑い合いながら音を奏でていました。

その後はシンディアと一緒に歌ったり一緒にデザートを食べたりして過ごします。

 

今日はとても楽しかったとお礼を伝えるラリサに、シンディアは私もだと答えました。

また会おうと約束して、ルンを抱いて立ち去るラリサをシンディアが見送ります。

ラリサの姿が見えなくなった頃、シンディアの隣にセンが近付きました。

 

姉さんはどう思う?という弟の問いかけにシンディアは…!?

続きはピッコマで!

偽公女様と秘密の黒ウサギ30話の感想&次回31話の考察予想

何だかラリサの考え方や性格からして、帝国よりも彼らとともにいるほうが性に合っているように感じます。

ラリサが本当の名前を名乗ってくれたところはじーんとしました。

ラリサにとっては結構勇気がいることだったと思います。

 

譜面通りに弾くだけでも十分難しいと思うのですが、ラリサは自己評価が低いですよね。

カスタネットを叩くルンの姿も可愛いです!

まとめ

今回は漫画『偽公女様と秘密の黒ウサギ』30話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

偽公女様と秘密の黒ウサギの30話のまとめ
  • センの姉シンディアに名前を聞かれ、ラリサは本名を答えました。
  • 軽快な曲が流れてきて、シンディアに楽器演奏に誘われたラリサは戸惑います。
  • 叩くだけの簡単な楽器を手渡され、最初は戸惑っていたラリサもいつしか笑い合いながら楽器を打ち鳴らしていました。

≫≫次回「偽公女様と秘密の黒ウサギ」31話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら