殺人鬼の子を産んだネタバレ38話【ピッコマ漫画】カリンヌが、ついに真実を語る…!

漫画殺人鬼の子を産んだ原作Harasyo先生、漫画Boaz&Deerchaser,先生、studioaire先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「殺人鬼の子を産んだ」38話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

前回のラストシーンは?
バルテスの、話していないことがあれば話してほしいという言葉を聞いたカリンヌは…?

≫≫前話「殺人鬼の子を産んだ」37話はこちら

 

▼ピッコマと同じく、こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

殺人鬼の子を産んだ38話の注目ポイント&考察予想

ついに核心に迫るふたり…!

今回、ついに3年前の女について、バルテスが真実にたどりつきます。

本当のことを話さなければならないのは分かっていても、カリンヌの心は今にも壊れそうなほど、罪悪感でいっぱいでした。

バルテスの気持ちを知らないカリンヌは、家を追い出される覚悟でこの話をしたのでしょう。

 

しかし、バルテスの気持ちは、ただただ、カリンヌを大切にしたい。

それだけです。

それがなかなか伝わらず、すれ違い続けるふたりの気持ちと、ついには怒ってしまうバルテス。

 

カリンヌは、言ってはいけないことを言ってしまったのです…。

しかし、ラストシーンではバルテスの想いが、やっとカリンヌに届きます!

なぜバルテスがカリンヌを大切にしてきたのか、なぜカリンヌが苦しんでいると辛い気持ちになるのか?

 

その理由は、ただひとつしかありませんでした。

その答えに、感動すること間違いなしです。

さっそく読んでいきましょう♪

殺人鬼の子を産んだ38話のネタバレ込みあらすじ

もうごまかせない…!意を決したカリンヌ

バルテスは、自分に話していないことはないのかと、カリンヌを真剣なまなざしで見つめます。

その様子にカリンヌは、もしかしてバルテスは真実を知っているのか、または自分を疑っているのか…と不安な気持ちになりました。

本当のことを言うのが、怖くてたまりません。

 

でも、もうごまかすことはできない…!

カリンヌは意を決して、バルテスに真実を話すことを決めました!

カリンヌから、自分たちは3年前に初めて出会ったのだと聞くと、バルテスはやはりそうだったのかと腑に落ちた様子でした。

 

しかし、何年も探し続けた女性が目の前にいるのに、心の中は悲しい気持ちでいっぱいです。

カリンヌは嘘をついていたことが申し訳なく、何度も謝りながら話します。

するとバルテスは、謝ってほしいわけではないと、カリンヌをなだめました。

本当のことが知りたかった…ただそれだけなのです。

バルテスを怒らせた、言ってはいけない一言

カリンヌは、唇を噛みしめながらニテンスについて語り始めました。

ニテンスは、バルテスの子どもです。

それを口にすると、あまりにも辛くて、心は今にも壊れてしまいそうになりました。

 

カリンヌは、あの夜、子どもを作るために街へでかけたこと、そこで出会ったバルテスを自分の縁談を断るために利用したことを話し、バルテスに謝りました。

するとバルテスは、そのことには、自分も同意していたと話し始めました。

バルテスも立派な大人で、3年前のあの日、自分の意志でカリンヌに力を貸したのです。

 

バルテスにとって、それはカリンヌのせいではなく、ふたりで行ったことでした。

しかしカリンヌは、それは違うと涙を流します。

そして、自分はしてはいけないことをしたし、ニテンスにも許されない罪を犯してしまった…と、バルテスから顔をそむけて涙を流し続けました。

 

バルテスは必死でカリンヌをなだめますが、カリンヌはもうほっといてほしいと突き放します。

カリンヌは、自分自身が許せないし、バルテスにやさしくしてもらう資格などないと話し、さらにはバルテスに会わなければよかったとまで言い始めました。

これにはさすがに、バルテスも心が傷つきます。

 

そして悲しそうに、自分に会ったことを後悔しているのかと聞くと、カリンヌは後悔していると答えました。

更にカリンヌは、あのとき、いっそ死んでしまえばよかったと呟いたのです。

カリンヌが苦しんでいると辛い理由とは?

その言葉に、バルテスの怒りは頂点に達します。

バルテスは、こちらを見ないカリンヌの肩を力強く引き寄せ、そのままベッドに押し倒しました。

そして、カリンヌの命はそんなに軽いものなのか?と尋ねます。

 

自分とニテンスは、カリンヌにとってどうでもいい存在なのか?

カリンヌは泣きながら、何かを答えようとしましたが、バルテスはその言葉を遮り、カリンヌ自身を苦しめるなと強い口調で伝えました。

そして、自分はカリンヌが自分自身を粗末に扱うことが辛いと、悲しい目をして囁いたのです。

 

カリンヌは、それはなぜかと、涙を浮かべて尋ねました。

するとバルテスは、理由はひとつしかないと、カリンヌを抱き起して伝えます。

カリンヌが自分自身を苦しめると辛い理由、それは、カリンヌを愛しているからです。

 

カリンヌは驚いて、自分を愛しているのかと聞き返します。

バルテスは、やさしく微笑みながらうなずきました。

さらにカリンヌは、怒っていないのかと涙をこらえて尋ねます。

 

するとバルテスは、怒っていると答えました。

でもそれは、カリンヌに対してではない…。

バルテスは、そうやさしく話しながら、カリンヌをそっと抱きしめたのでした。

殺人鬼の子を産んだ38話の感想&次回39話の考察予想

バルテス、よく言った…!

めちゃくちゃいい人ですよね!!

カリンヌがどんなに言葉を受け入れなくても、死ねばよかったとまで言ってしまっても、バルテスは真剣に向き合い続けました。

 

そして、カリンヌを愛している。

それがこれまでのやさしさや、ニテンスへの愛情の理由です。

カリンヌは、まさか自分が愛されているとは思っていなかったので、今後ふたりの関係は大きく変わるのではないでしょうか。

 

まぁ、言われなくても愛されているとしっかり伝わってきていたとは思いますが…(笑)

カリンヌには、言葉で伝えないと伝わらなかったんですよね。

かなり大きな局面を迎えたので、次回からどう動くのかが楽しみです!

 

心が通じ合ったふたり…いよいよ復讐に動き出すのでしょうか?

今まで殺人鬼の雰囲気が全くなかったこの作品!

そろそろ、楽しい展開になりそうです…!

次回も早く読みたいです♪

まとめ

今回は漫画『殺人鬼の子を産んだ』38話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

殺人鬼の子を産んだの38話のまとめ
  • カリンヌは自分が3年前の女だということを、バルテスに打ち明けた。
  • バルテスは、カリンヌのせいだけではないと考えている。
  • バルテスは、カリンヌが苦しい思いをしていると自分も辛いのは、カリンヌを愛しているからだと伝えた。

≫≫次回「殺人鬼の子を産んだ」39話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

ピッコマと同じく、面白い漫画を多数配信している漫画アプリを厳選紹介!

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら