お見合い相手はうちのボスのネタバレ

漫画「お見合い相手はうちのボス」は原作Haehwa先生、漫画NARAK先生の作品でピッコマで配信されています。

 

前回85話の内容を簡単に振り返り。

 

寿司屋でデートのユナとジフは、好きな気持ちが止まらず店の中で熱いキスをしてしまいます。

なんとか理性を保てたジフですが、チェ専務とユナの仲にまで嫉妬してしまうまでに気持ちが抑えられない状態になってました。

 

≫≫『お見合い相手はうちのボス』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「お見合い相手はうちのボス」86話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

お見合い相手はうちのボス86話の見どころ・考察予想

ここまでくると、ユナも結婚について真剣に考えるとは思うのですが、なかなか深く進展しない状態ですよね。

 

ユナとジフの仲を知ってる人は、結婚についてあれこれ進言しそうな気がするので、それがきっかけでいい方向に向けばいいなと。

 

あとは、スアがまた暴走しないかが気になって仕方ないです(笑)。

お見合い相手はうちのボス86話のネタバレ込みあらすじ

結婚について真剣に考えだすユナ

 

家に帰ってきたユナは、今日はやけに疲れたとベッドに入ります。

スアからまた電話かかってくる前に寝ようと思い早く眠ろうとするユナ。

 

ですが、前日の記憶等が頭をよぎります。

チェ専務とコーヒーを飲んだ時、「カン社長と何あったんですか?」と聞かれたのです。

 

ユナは事情を話そうとすると、休憩場にいた社員の話が聞こえて、どうやら同僚が結婚したのを祝福してる模様。

ユナはそのやり取りを見て、黙ってしまいました。

 

チェ専務はユナを見ながら、「ユナさんはカン社長と結婚しないんですか?」と聞きました。

「専務まで・・」とスアからも言われてるのにと思いながらユナは疲れた顔になります。

 

その表情を見てチェ専務は慌てて、「気になったんで、気を悪くしたらごめんなさい」と言うのでした。

 

ユナはゆっくりと「結婚って必ずしないといけないものなんでしょうか・・」と聞きます。

チェ専務は頬に手をつきながら「必ずしなきゃいけないわけでもないけど、必ずしちゃいけないわけでもない」とユナに伝えるのでした。

 

そして、大事なのはユナさんの気持ちとアドバイスをするチェ専務。

 

ユナは、寝ながらチェ専務のアドバイスを思い出し、ジフと過ごした楽しいひと時を思い出すのでした。

 

ですが・・強引に結婚を迫るジフの一面も思い出し血の気が引くユナ。

一方、まあ結婚したらスアの言う通り楽しみは増えるかもと思います。

 

楽しみとは当然Hなことで、あの続きもできると寿司屋での熱烈なキスを思い出します。

 

顔が真っ赤になるユナですが、それも目的で結婚するわけじゃ・・と首を振り・・でもジフさんとなら全然オッケーなんて思ってしまいながら夜が更けるのでした。

 

ユンとチェ専務の微笑ましいやりとり

翌日、秘書室で仕事をするチェ専務に決裁資料を持ってユンがやってきました。

ユンは差し入れにケーキを用意してきて「この間のワインのお返しです」と渡しました。

 

「これだけ―?」と冗談に言うチェ専務に、ユンは笑いながら「近いうちに返しますと」和やかな会話が続きます。

会社での体育大会の話題になり、ユンが務める体育大会の準備仕事は順調で、チェ専務は「私は運動神経が得意だから種目はなんでもやりますよ」ってユンに伝えます。

 

そして景品はかなり豪華になったとのこと。

お互い頑張りましょうと言うのでした。

 

体育大会のMVPに向けて意欲を燃やすユナ

 

そしてユナはというと、ジフの事を考えすぎて寝不足に・・

もうすぐジフの誕生日なので、その時に真剣に話してみようと思うことにしました。

 

それよりも誕生日プレゼントは何がいいか考えることに。

どれもこれもいまいちの末、頭に浮かんだのはお見合いの時に変装したギャル状態でジフに「プレゼントはわ・た・し」と迫るというもの。

 

さすがに引いて黒歴史を更新するつもりかと自分に突っ込むのでした。

 

そこへ先輩から「会議に行くぞ!」と声がかかり我にかえるユナ。

移動中に先輩から体育大会の景品の話をふられ、ユナはまだ商品は知らないとこたえます。

 

去年の景品覚えてるだろ?と言われ思い出したのは会長からの何とも微妙な景品。

最高級ではあるが、釣り竿や登山服などでした。

 

だけど今年は、最高級や最新のブルートゥースイヤホンや乾燥機。

そしてなんといってもMVPには4泊6日のハワイ旅行券だと熱弁する先輩。

 

今年は激戦なるし俺は運動神経自身ないから適当に頑張ると先輩は言いますが、ユナは「死ぬ気でがんばらないと!」と燃え上がります。

 

そして、「これは体育大会ではなく戦争です」と言い切るのでした。

 

その夜家に帰ったユナは筋トレの練習をしてしました。

帰ってきたユノに「何やってんの?」と呆れられながら言われる状態。

 

会社の体育大会の景品目当てというユナに対し、「どうせしょうもない景品なんじゃない?」と言うユナですが、商品内容を告げると急に手伝うモードに・・

 

「お姉さま!何か必要なものはありませんか?」と言うユノに、肩を揉んでと頼み「ジフさん待っててください!私が必ずハワイ旅行をプレゼントしてみせます!」と誓うのでした。

2人ハワイで抱き合う2人を想像しながら・・・

 

ここで86話は終わり、87話に続きます。

お見合い相手はうちのボス86話の感想&次回87話の考察予想

結婚をどうするかに悩むユナでしたが、体育大会の景品でひとまず結婚をどうするかは後回しというか吹き飛んでる感じですよね。

さすが、目の前の目標に突き進むユナという感じです。

 

確かに会社の景品でハワイとは凄い・・

でもユナって運動神経はどうだったかな?って思います。

運動神経良いような、悪いような?

 

そして、チェ専務とユンのこの先も少し気になってきました。

チャラそうだけど真っすぐな感じのユンとチェ専務結構合う感じするので、密かに応援しています。

まとめ

今回は漫画『お見合い相手はうちのボス』86話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

ユナが結婚にまた一歩意識してきた(かな?)回でした。

チェ専務とユンとのやり取りも微笑ましくていいですね。

 

≫≫『お見合い相手はうちのボス』の他の話数ネタバレはこちら