かりそめの公爵夫人ネタバレ

漫画「かりそめの公爵夫人」は原作Jin Saeha先生、漫画Han Jinseo先生の作品でピッコマで配信されています。

 

アゼンタインの協力もあって、何とか、イラノルの柱の力により魔力を上昇させることに成功したイヴォナは、手に入れた魔力によって、神獣王を召喚するために、人里離れた、平原に降り立ちました。

そして、人払いをし、いよいよ神獣王を召喚することができたのです。
召喚された神獣王の名はルキウス。

不死鳥を思わせる大きな鳥の形をしています。

イヴォナのお願いによって小さくなり、イヴォナと並んで話を始めたルキウスは、イヴォナの魔力の質が、前世とは違うことに気がつきます。

その魔力をどうしたのかという問いに、イヴォナは微笑みながら、結婚したのだと答えました。

 

≫≫『かりそめの公爵夫人』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「かりそめの公爵夫人」47話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

かりそめの公爵夫人47話の見どころ・考察予想

ルキウスは時系列を歪めてまで、誰かが行った実験か何かにより、イヴォナが1年前に転生したと思っているようです。
イヴォナも、自分が転生した理由を知りたいとは思っていましたが、ルキウスでも知らないのであれば、自分のできることから一つずつやるしかないと考えています。

 

このことから、原点に立ち返り、まずは、アゼンタイン家に仇なす何者かを突き止めねばなりません。
アゼンタイン家に対する犯行かどうかはわかりませんが、町中でテロを起こした黒幕はまだ野放しです。

 

魔術も使っていました。
恐らく、対抗できるのは、イヴォナくらいでしょう。

あの事件をもう一度、おさらいしなくてはなりません。

それから、アゼンタインが聖剣を手に取れなくなっている件を残されています。

 

イヴォナにはまだ知らされていないのかもしれません。
イヴォナが解決できるといいのですが・・・。

かりそめの公爵夫人47話のネタバレ込みあらすじ

ガスパルだけはダメじゃと言っただろう!ルキウスは怒って言いました

 

結婚した事実をつげると、ルキウスは大層驚きました。
そして、イヴォナを叱りつけます。

ガスパルはやめろと言っただろうと

クスクス笑いながら、イヴォナは、答えました。

結婚したのは、ガスパルではなく、クロード・アゼンタインだと。
それを聞いたルキウスは、氷のように冷たい男と聞き及んでいるクロード・アゼンタインを結婚相手として選んだことに、驚きながら、これまでの経緯をちゃんと説明しろと詰め寄ります。

 

イヴォナは、はじめから説明をしました。
実は、ガスパルには、他に愛する人がいて、その代理母にさせられそうになったこと、功績は全部ガスパルがもっていき、自分は道具としか思われてなかったこと、そして、転生したこと。

 

これを聞いたルキウスは、怒りの炎を発します!
イヴォナを傷つけるやつは、わしが許さーん!!

 

そして、氷のように冷たいと聞いているクロードと何故結婚したのかも聞きました。

イヴォナは、愛はないけど、信頼がある契約結婚なのだと伝えました。

 

ルキウスには、どうもこのへんが、理解出来ません。

イヴォナの人を見る目が狂っているに違いないとふんだルキウスは、城へ同行し、しばらくイヴォナの身辺警護をすることにしました。

城に戻ると、イヴォナに手紙が2通届いていました。
果たして誰からの手紙なのでしょうか?

かりそめの公爵夫人47話の感想&次回48話の考察予想

今回は、私の予想、大当たりでした。
やはり、神獣王ルキウスは、イヴォナについて、城に一緒に戻るという話になりました。

私的にも、それが一番よいのではないかと思います。

イヴォナの側にいれば、状況がわかるでしょうから。

 

しかし、神獣というのは、召喚されて現世に姿を現していないと、現世の様子を見ることはできないのでしょうか?

召喚されていないときは、どの世界にいるのでしょう?

その世界から、現世の様子をみることはできないのでしょうか。

 

精霊などだと、よく、精霊界というのがあって、召喚されていないときは、そこで待機しているという話をききます。

神獣は神様の一種でしょうから、天界?

 

神獣王を小さいと馬鹿にしたセリーは、くちばしで攻撃されていましたね。
もしかして、セリーに嫌な気でも感じたのでしょうか?

 

そういえば、セリーの件も、どうなったのでしょう。
誰の手先か分かっていません。

相変わらず言動がおかしかったりするのでしょうけど、最近は出番がないので、知るよしもありませんが。

 

今後の予想としては・・・。
まずは、アゼンタインの聖剣を再び手に取れるようにするのが先決でしょう。
多分、今は、イヴォナはこの問題を知らされていないので、それを知ることから物語は展開すると思います。

そして、今回は、神獣王ルキウスがいるので、謎の力の正体にも、気付くかもしれません。
そして、対処する方法も、もしかしたら知っているかもしれません。
大きな展開が待っていそうです。

まとめ

今回は漫画『かりそめの公爵夫人』47話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

イラノルの柱の力によって、魔力を上昇させることに成功したイヴォナは、とうとう神獣王「ルキウス」を召喚することに成功しました。

しかし、その偉大なルキウスでさえ、イヴォナが何故転生したのかはわからないと言います。

 

そしてイヴォナの魔力が前世とは質が違うことに気付き尋ねたところ、結婚したのだと打ち明けられました。

これまでの経緯を詳しく聞いたルキウスですが、まだまだ理解出来ないところが多々あり、しばらくイヴォナの側に居て身辺警護にあたることにしました。

 

≫≫『かりそめの公爵夫人』の他の話数ネタバレはこちら