ゴッド オブ ブラックフィールドネタバレ

漫画「ゴットオブブラックフィールド」は原作雲先生、漫画SIN先生の作品でピッコマで配信されています。

 

病院で目覚めたダエルと共にスミセンの病室に行く恭弥。

そこで、スミセンは恭弥とダエルが戦場で死んだ後、生まれ変わったと知ります。

 

スミセンは動揺するも、恭弥に自分をフランスに帰さないでほしいと頼むのでした。

交渉しようとするスミセンに恭弥は怒りますが、ダエルがとりまとめました。

その後、暗証番号をスミセンは2人に教えたのでした。

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

 

今回は「ゴットオブブラックフィールド」33話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

ゴットオブブラックフィールド33話の見どころ・考察予想

ダエルは起きてスミセンに会いに行きました。

自分の目で、スミセンがどのような状態になっているのか気になったからだと思います。

 

でも、そのおかげで、恭弥とスミセンの話をうまくまとめ暗証番号を聞き出せましたし。

ここまで白状したスミセンなので、おそらく自分の命大事さにもうペラペラ話すのではないでしょうか。

そのスミセンの内容によって神代とかがまた絡んでくるのではないかと思います。

しかし、恭弥は暴力団である神代と関わりたくないので、どのように関係を断つのかという感じです。

ゴットオブブラックフィールド33話のネタバレ込みあらすじ

銀行の暗証番号がゴットオブブラックフィールドと知った恭弥

自分の戦場でのあだ名をつけたシャフランのふざけた行動に怒りを感じる恭弥。

しかし、恭弥はその怒りを抑え、どのようにスミセンがシャフランの銀行の暗証番号知ったのか問いただします。

 

シャフランがスミセンとの電話中に言い間違えてしまったと、そしてその暗証番号で銀行の取引が完了したためにわかったと、スミセンは恭弥に説明します。

恭弥はなぜ、シャフランはあの暗証番号にしたのだろう、もしかしたらスミセンは嘘をついているかもしれないと疑問になったのでした。

 

その様子を見ていたスミセンは恭弥の考えを察知し、自分の命と引き換えにできるぐらい確かな情報であるというのでした。

そしてシャフランは常に対処法を考えて行動しているので、ひとまずシャフランのそばにいる中国と韓国のマフィアを恭弥に倒してほしいとスミセンは言うのです。

もし、そうしてくればセルパンブニムーが後処理をしてくれるはずだからと。

 

シャフランはスミセンが暗証番号を知っていると思わないだろうし、スミセンの名義でゴント社の株を買うぐらい欲深いのです。

自分が死にたくなければスミセンをたてにし、新しい計画を立てるとスミセンは恭弥に伝えました。

恭弥にどうしても命だけは助けて欲しいと懇願するスミセン。

 

ダエルは2人がフランス語で話しているため内容がわからず恭弥に状況を聞きます。

恭弥はダエルに説明した後、スミセンに殺されそうになったダエルにスミセンの今後について決定させるのでした。

スミセンを助けると決めたダエル

 

そこで、恭弥は神代に、中国と韓国からマフィアが来ている事、そいつらが麻薬を買おうとしている事を伝えます。

ダエルの病室に戻った恭弥とダエルのもとに神代が現れます。

これから中国と韓国のマフィアを潰しに行くために恭弥を誘いに来たのでした。

そんな神代に神代一人で相手を叩きに行けないから自分を誘ってきたのかと神代の組としてのプライドの部分を挑発します。

 

神代は挑発とも知らずに組としての誇りを潰され、キレました。

恭弥の思惑通り、神代は今回の情報で恭弥との貸し借りはなしにすると吐き捨てるように言い出ていきました。

心配するダエルに恭弥は、自分たちは暴力団ではないのでこれ以上は関わるべきではないと考えての行動だと説明します。

自分たちがずっと2人で戦ってきたのは暴力団の力を借りたくないからで、ここで区切りをつけたいとダエルに言うと、ダエルも納得しました。

 

ひとまず就寝することにした、恭弥とダエル。

次の日朝起きると、恭弥は自分の体がかなり回復し元気なことに喜びます。

ゴットオブブラックフィールド33話の感想&次回34話の考察予想

わざわざ銀行の暗証番号をゴットオブブラックフィールドとするなんて、シャフランは戦場にいた頃から恭弥に何か妬みのような、恨みのような感情があったのではないでしょうか。

だから、恭弥が戦場で死んだと思っているシャフランが恭弥の上にたったかのようにつけたのではないかな、なんて。

 

なにわともあれ、ダエルのおかげでシャフラン、命拾いができました。

自分が殺されそうになった相手でも命は助けようと思うダエルの心、いいですね。

 

スミセンの事が一段落したら、神代登場です。

神代は完全に恭弥を同士のような感じで接していました。

恭弥はもともと暴力団と関りを持ちたくないと思っていたからどうするのかな、なんて思っていましたが、上手に操り、関係をたたせました。

神代は怒ってましたけど…

 

明日はいよいよシャフランと対面です。

銃などの武器ももっていないし、体は高校生の恭弥ですからシャフランに勝てるか心配です。

まとめ

今回は漫画『ゴットオブブラックフィールド』33話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

スミセンから銀行の暗証番号を聞き出した恭弥。

そして、それをもとにシャフランを潰す計画を立てました。

関わりたくなかったが、どうしても神代の助けが必要で借りた恭弥。

今回で、神代のプライドをうまくコントロールし、暴力団との関りを断てました。

そして、明日、シャフランと対面します。

 

≫≫次回「ゴットオブブラックフィールド」34話はこちら