公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ

漫画公爵家のメイドに憑依しましたは原作Jooahri先生、漫画Aloha先生の作品でピッコマで配信されています。

前回のあらすじ

リアンドロを前にした皇帝は永遠に解けることはないとされていた呪いが突如跡形もなく消えてしまったことに対し、疑念を抱いていました。

 

自身の息子ディエゴを呪いから守るために暗躍し、リアンドロを呪いに貶めた経緯もありますから尚のことリアンドロの解呪の秘密を警戒しています。

 

リアンドロが皇帝と謁見をしている時、ベラビティ家の屋敷ではメイド長のエレナ夫人とイベリナが面談をしていました。

ついにエレナ夫人からイベリナに屋敷から出ていくよう通告がされていたのです。

はたして彼女はどう決断をするのでしょうか。

≫≫『公爵家のメイドに憑依しました』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「公爵家のメイドに憑依しました」39話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

公爵家のメイドに憑依しました39話の見どころ・考察予想

リアンドロに対する皇帝からの疑惑、イベリナに突き付けられる最終宣告。

リアンドロの呪いが解けてから暗い話が続きますね。

 

むしろ呪いに苦しんでいる時の方が周りからの注目を集めず、二人きりで幸せだったのかもしれません。

イベリナに言い渡されるお暇も悲しいですが、それよりも恐ろしいのは皇帝からリアンドロに向けられる疑念です。

 

自国のためなら一国を滅ぼすことや他人の子供に呪いを擦り付けることも厭わない冷酷な皇帝ですから、この疑念が後年どんなことをもたらすのかとても不安です。

 

イベリナが屋敷を出てしまえば、リアンドロの心の支えはなくなってしまいます。

その上、皇帝から冷遇されてしまえばイベリナが避けたいと思っている未来、リアンドロの無謀な決起が起こってしまうでしょう。

 

二人は果たして引き裂かれてしまうのでしょうか、そして悲しい未来を避けることはできないのでしょうか?

公爵家のメイドに憑依しました39話のネタバレ込みあらすじ

エレナ夫人の真意

イベリナを屋敷から追い出そうとするエレナ夫人でしたが、彼女には彼女なりの考えがありました。

 

ベラビティ家は前当主であるリアンドロの父のみっともない死や、母の破廉恥なふるまいにより世間からのそしりを受けています。

 

そんな中で新しい当主リアンドロまでも平民のイベリナに入れ込んでいることが世間に知られてしまえば、ベラビティ家の品位は地に堕ちてしまいます。

 

また、若い貴族がメイドに入れ込むことなどこの世界は珍しいことではありません。

エレナ夫人も長い人生の中でそんな貴族とメイドを何人も見てきたのでしょう。

 

そして最終的にひどい目に遭うのは身分の低いメイドの方だということも知っていたのです。

ベラビティ家を守るため、そしてイベリナのことも守るため、彼女は解雇を言い渡していたのです。

イベリナの決断

エレナ夫人の話を聞き、イベリナの中でも身を引いた方がリアンドロのためになるという考えが生まれてきました。

 

正式に公爵となったリアンドロと自分がこのまま仲良くしていれば、今度は屋敷の中からそしりを受けるだけではすみません。

 

自分もリアンドロも世間から蔑まれることになってしまうのです。

その上、二人の関係はリアンドロからの一方通行ではなくなりつつあります。

 

イベリナの中でもリアンドロを愛しく思う気持ちが生まれていたのです。

自分の身分をわきまえているイベリナにとって、この恋が悲しい結末に終わることはわかりきっていました。

 

リアンドロのため、自分自身のためにもここは屋敷を出ていく方がいいと考え、エレナ夫人にその決心を告げるのでした。

リアンドロとエレオノラの再会

皇帝の前を後にしたリアンドロは侍従に王宮からの出口を案内させていました。

しかし新人だったその侍従は王宮の道がわからずすっかり迷ってしまっていたのです。

 

イベリナが屋敷を出ていこうとしていることなど知る由もないリアンドロは、早く屋敷に戻ってイベリナに会いたいなどと考えていました。

新人の侍従がほかの侍従へ道を聞きに行っているさなか、リアンドロは美しい金髪の女性と出くわします。

 

彼女こそが運命の女性、エレオノラです。

しかしこの時点でのリアンドロにとってエレオノラは自分を怪物呼ばわりし、絶望の底に陥れたトラウマそのものでした。

 

エレオノラの方では幼いころにとてもひどいことを言ってしまった相手だと気づきます。

イベリナが望んでいた二人の運命の再会はとても気まずいものとなってしまったのです。

公爵家のメイドに憑依しました39話の感想&次回40話の考察予想

リアンドロがイベリナのことを考えている時、イベリナは彼のもとを去ろうとしている・・・。

とても切ないシチュエーションですね。

 

数話前にリアンドロの中で考えがあると言っていましたから、今すぐに出ていこうとするのは時期尚早なのではないでしょうか。

このままでは二人の仲は引き裂かれてしまいます。

 

エレオノラと再会はしましたが、既に呪いが解けているリアンドロにとってエレオノラは将来的にも好きになる可能性はとても低いのではないでしょうか。

彼にとってエレオノラはトラウマでしかありません。

 

イベリナという心の支えを失った上に新しい理解者も現れない。

リアンドロの未来はますます悪い方向に行ってしまうのではないでしょうか。

まとめ

今回は漫画『公爵家のメイドに憑依しました』39話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

悲しい出来事が続きますが、序盤でイベリナが見ていた夢が伏線であればこの先物語は明転するはず。

二人がこの危機をどう乗り越えるのかが見ものですね。

≫≫『公爵家のメイドに憑依しました』の他の話数ネタバレはこちら