公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ

漫画公爵家のメイドに憑依しましたは原作Jooahri先生、漫画Aloha先生の作品でピッコマで配信されています。

前回のあらすじ

イベリナにとうとうエレナ夫人から解雇通告が下ってしまい、イベリナは屋敷を出ていくことになってしまいました。

リアンドロの呪いが解け、公爵としての地位を築きつつあるリアンドロにとってメイドに入れ込んでいることなど世間から後ろ指さされる事実でしかないのです。

それがリアンドロのためになるならと、イベリナ自身も決心し彼のもとを離れることにしたのです。

 

一方リアンドロは王宮でエレオノラと偶然の再会を果たします。

今の彼にとってエレオノラは呪いに苦しんでいた過去の象徴のような存在です。

またエレオノラの方でもリアンドロを化け物呼ばわりしてしまった過去から、気まずい思いになってしまいます。

≫≫『公爵家のメイドに憑依しました』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「公爵家のメイドに憑依しました」40話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

公爵家のメイドに憑依しました40話の見どころ・考察予想

本来であれば呪いに苦しむリアンドロと向き合いうことで、彼の恋心を目覚めさせたエレオノラ。

しかし今や状況は変わりリアンドロの呪いはすっかり解けています。

 

もはやリアンドロにとってエレオノラは幼いころ、自分を絶望に陥れた人物でしかありません。

エレオノラに恋心を抱くきっかけである半身の呪詛がない限り、この二人を結びつける運命は存在しないのです。

 

そして今のリアンドロにとって運命の女性はイベリナしかいないはず。

そんなイベリナは屋敷から出て行ってしまい・・・。

果たしてリアンドロは彼女が去ったことをどう受け止めるのでしょうか。

公爵家のメイドに憑依しました40話のネタバレ込みあらすじ

エレオノラが思い起こす過去のリアンドロ

幼い日に化け物呼ばわりしてしまったリアンドロと再会したエレオノラ。

しかし、彼の顔からは呪詛がすっかり消え去っています。

 

その呪いが決して解けるものではない大変な呪いであることを知っていた彼女には、目の前の人物がリアンドロだとは考えませんでした。

しかし面影があまりにも似ているため、彼の名前を聞いて確かめようとします。

 

まずは自分がアンブロセティ王国からクレセンゾ帝国に差し出された人質、エレオノラであることを名乗ります。

すると彼は自分のことをリアンドロと名乗ります。

そう目の前の青年は、確かに幼いころ自分がひどく傷つけてしまったリアンドロだったのです。

リアンドロの胸中によみがえるトラウマ

自分の目の前で名乗りを上げる女性、エレオノラ。

彼女を前にして、リアンドロの胸中では幼い日のつらい日々がよみがえります。

 

半身を蝕む呪詛の痛み、毎日の両親の喧嘩、自分を腫物扱いしてきた大人たち。

そしてとどめを刺すように自分を化け物呼ばわりしてきた純真無垢な少女エレオノラ。

 

リアンドロの中ではエレオノラに対しては敵意しかありません。

エレオノラは目の前の青年が本当にリアンドロであったことを知り、絶句して目も合わせることもできませんでした。

 

そんなエレオノラをリアンドロは冷たい瞳で睨みつけ、さっさとその場を去ってしまいます。

心の支え、イベリナ

エレオノラとの再会で幼い日々の悲しい思い出を呼び覚まされてしまったリアンドロ。

そしてそんな日々に光をもたらしてくれたイベリナの存在をますます強く感じます。

 

こんな気分の時には一刻も早くイベリナに会いたい!

そんなことを考えながら屋敷に帰ったリアンドロは真っ先にイベリナに会おうと、メイドたちの詰め所へとやってきました。

 

しかしそこにはイベリナはいません。

イベリナがいそうなところを屋敷中探しますがどこにも彼女は見つかりません。

 

そんなリアンドロのもとへやってくる従者ロレンゾ。

彼はイベリナがすでに屋敷から出て行ってしまったことを告げるのです。

公爵家のメイドに憑依しました40話の感想&次回41話の考察予想

リアンドロを前にまったくもって立つ瀬のないエレオノラ。

ひどいことを言ってしまった過去を思い起こしリアンドロを呼び止めましたが、彼は黙殺してしまいました。

 

やはり今のリアンドロにとって、エレオノラは全くもって会いたくなかった相手でしかなかったようですね。

 

リアンドロはエレオノラとの再会で暗い過去を思い出し、同時に自分にとってのイベリナの大切さを実感していましたね。

しかしリアンドロが一番会いたいと考えているタイミングで告げられる、イベリナの解雇。

 

リアンドロの絶望感はとてつもないものだったのでしょう。

呪いが解けてからは見せることのなかった悲しい表情を浮かべています。

 

もちろんこのままでは終わらないでしょうから、二人は再会するでしょう。

もはや屋敷にはいなくなってしまったイベリナをリアンドロはどうやって見つけ出すのでしょうか。

まとめ

今回は漫画『公爵家のメイドに憑依しました』40話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

とうとうイベリナの解雇がリアンドロの耳に入ってしまった話でしたね。

 

それも過去を思い出してしまい、一刻も早くイベリナに会いたいと考えている時に!

二人のすれ違いが切ないですね。

果たして再会することはできるのでしょうか。

 

≫≫『公爵家のメイドに憑依しました』の他の話数ネタバレはこちら