外科医エリーゼのネタバレ

漫画外科医エリーゼは原作mini先生、漫画yuin先生の作品でピッコマで配信されています。

 

嚥下障害から食べ物をのどに詰まらせ、窒息しかけているハーバー公爵夫人を、この世界にはない気管切開術で助けたエリーゼ。

皇族の身体に傷を入れたという事で、不敬罪で連行されてしまいます。

 

リンデンは、幽閉されているエリーゼの元へこっそりと様子を見に行くのですが、なぜこんなにエリーゼの事が気になるのかとモヤモヤしています。

 

その様子を外から見ている男はいったい誰なのでしょうか。

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

 

今回は「外科医エリーゼ」36話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

外科医イリーゼ36話の見どころ・考察予想

公爵夫人に傷をつけたと不敬罪の罪の可能性があるとして、百院へ幽閉されているエリーゼ。

今回、その調査結果が遂に分かります。

皇族に危害を加えたとみなされるのか、助けたとみなされるのか、どう結果が出たのか注目です!

 

また、エリーゼの元に訪れたリンデンとの様子をお城の外から見ていた謎の男の正体も明らかになります。

色んな気になる事が判明する今回の話は特に面白い展開になりそうです!

外科医エリーゼ36話のネタバレ込みあらすじ

幽閉されている百院へ、エリーゼに会いに来た兄(クリス・レン)たち。

特にクリスは今回のエリーゼの行動に、心配からガミガミとお説教をします。

いつも優しいクリスから、ものすごく怒られしょんぼり反省するエリーゼ。

 

一方、レンは、今回の行動は、危険な事ではあったが、夫人を助けるためによくやったとほめてくれました。

今までレンから褒められたことのないエリーゼはびっくりして、あっけに取られてしまいます。

 

エリーゼの元気な姿を見て安心した二人の兄は、頼まれていた書物を手土産にして帰っていったのでした。

エリーゼの調査結果は…

それから二日後、お城では皇帝陛下に調査員のベンとグレアムが今回の処置の結果報告に来ました。

何か問題があり、医者になる事を止められると思っていた陛下に、ベンは次のように報告します。

 

『あれはまさに完璧な処置だ、奇跡といえる』

その報告を聞いた陛下は、予想外の結果に焦ります。

 

首を刃物で刺す処置が完璧なはずはない。

あまりに危険すぎるはず、と反対するのですが、ベンは、だから奇跡なんだと意気揚々とその根拠を述べていきます。

 

気道を確保するため首を切開する方法は、以前から検討されていたが、これまで一度もやった者はいなかった。医者の頭の中だけにあった手術方法だ。

 

陳述書を見ても、処置方法や、首と気管の解剖学的関係から最適な部分だけを切開して施術したことが書かれている。医学の発展のために論文として発表してもいいくらいの手術だったと言うのです。

 

納得のいかない陛下は、もう一人の調査員グレアムにも意見を聞きますが、全く同じ意見で、稀代の天才に出会えたといってもいいくらい完璧だといいます。

 

なんとかエリーゼの失態を見つけたい陛下は、何かしらの小さなミスはあったんじゃないのか、と食い下がりますが、二人ともミス一つなく完璧な処置で公爵夫人を助けた。医者としての名誉にかけて断言すると口を揃え話しました。

 

その話を横で聞いていたエリーゼの父は、本当に良かったと安堵します。

 

陛下は、二人の話が嘘ではなさそうなので、対応をどうしようか決めあぐねます。

皇族を助けたとなると、少なくても勲章が授与、特に今回は『皇室薔薇勲章』という最高ランクの勲章になります。

 

ハーバー公爵がこの一件を聞いたらどう喜ぶか、新聞社も大々的に称賛の記事を書き連ねる事が予想され、どうしたものかと頭を悩ませるのでした。

 

二人の調査員は、エリーゼに一度会って、今回の件について意見を交えたいと申し出ます。

それどころではない陛下は、好きにしろと言い部屋に戻りました。

二人の兄の心配をするエリーゼ

百院で兄たちが持ってきてくれた書物で勉強をするエリーゼですが、二人の兄について心配事がありなかなか手につきません。

 

レンが、クリミア遠征で忙しそうにしていたのも、前世より早く西北部がフラン疎遠共和国によって収められたからで、このままでは銃騎士団の副団長のレンも戦争に参戦することになります。

 

前世では、レンは戦争に参加することで大きな功績を残しますが、クリスは命を落としてしまいます。

それだけは何としてでも阻止しないといけません。

 

色々と心配事があるエリーゼですが、今は医師試験で高得点を取ることが先だと頭を切り替え、医学書を読み漁るのでした。

謎の男はリンデンの弟

勉強に没頭するエリーゼの元に、一人の男が近づき耳元で声をかけます。

突然声をかけられたエリーゼは驚き飛び上がりました。

 

この地の塔に同じ時期に閉じ込められたのも何かの縁だから挨拶にきた、と話すこの男は、リンデンの弟ミハイルで、あの夜お城の外からエリーゼとリンデンの様子を見ていた男でした。

 

ミハイルは、自分の夫となる相手のライバルの僕を見て、驚いて唖然とするに違いないとほくそえむのですが、前世を知っているエリーゼはポロポロと泣き出します。

そして、本当にミルなのですか?と尋ねるエリーゼ。

 

初めて会うはずのエリーゼが、なぜ自分の事を知っているのか、なぜミルという呼び方を知っているのか、ミハイルは、ただただ驚くばかりでした。

外科医エリーゼ36話の感想&次回37話の考察予想

エリーゼの行動が、助けるための行動だったという調査結果が出て本当に安心した今回の話。

まだこの世界にはない技術なので、認めてもらえないかもしれないと思っていたので本当に良かったです!

エリーゼの父の本当に良かったと泣きそうになる場面は、親の愛を感じました。

 

また前回の謎の男はリンデンの弟ミハイルだったことも判明し大きな展開がありましたね。

リンデンとはあまり上手くいってないような感じなので、何か確執があるのではとの予想です。

 

前世の思い出があるエリーゼは、ミハイルとどう接していくのか注目していきたいと思います。

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』36話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

エリーゼの気管切開が医療として認められたのですが、エリーゼが医者として認めてもらうための大きな功績の一つになりそうです。

まだ16歳の少女が、今までにない方法で公爵夫人を救ったという事実は世間でも大きく注目されそうですよね。

皇帝陛下に医者として働くことを認めさせることができるのか楽しみです♪

 

≫≫次回「外科医エリーゼ」37話はこちら