公爵家のメイドに憑依しましたネタバレ

漫画公爵家のメイドに憑依しましたは原作Jooahri先生、漫画Aloha先生の作品でピッコマで配信されています。

 

前回のあらすじ

イベリナを追って南部の町にまでやってきたリアンドロ。

しかし自分のためにはるばるやってきた彼の姿を見てもイベリナの決心は変わりませんでした。

 

どんなに思いを伝えても、自分のもとへ戻ってこようとしないイベリナを見て、リアンドロも今はその時ではないと思ったのでしょう。

すぐにイベリナを連れ帰ることはあきらめて屋敷へと戻っていくのでした・・・。

 

リアンドロとの別れにイベリナが一人涙していると、騎士のリリアナが戻ってきます。

彼女はリアンドロに南部にいる間のイベリナの警護係へ任命されたのです。

 

≫≫『公爵家のメイドに憑依しました』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「公爵家のメイドに憑依しました」45話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

公爵家のメイドに憑依しました45話の見どころ・考察予想

ついに離れ離れになるリアンドロとイベリナ。

今回からイベリナは新しい屋敷でメイドを務めることになります。

 

いつも騎士姿で中性的な出で立ちだったリリアナも今回からはメイド衣装に身を包むことになりますね。

新鮮で可愛い姿を見ることができるでしょう。

 

ベラビティ家の外のことはよく知らないイベリナは、果たして他の屋敷でも上手くメイドをやりきることが出来るのでしょうか?

心配半分、楽しみ半分なパートになります。

公爵家のメイドに憑依しました45話のネタバレ込みあらすじ

イベリナの新天地での日々

ベラビティ家を後にしてから早3年。

イベリナは地方の領土を納めるエディルト男爵のもとでメイドを務めておりました。

 

南部は危険とは言ったものの、この辺りは閑静な田舎です。

イベリナはここならリリアナの警護もそれ程はいらないんじゃないかとは思っていました。

 

しかしリリアナはリアンドロから直接、身辺警護を言いつけられている身。

ここで屋敷に戻ったとて、すぐに追い出されてしまうでしょう。

 

3年間のメイド生活でリリアナもすっかり仕事には慣れていました。

しかし元々は騎士ですから、この畑違いの生活を全面的に受け入れている訳でもありませんでした・・・。

イベリナとリリアナのメイド生活の始まり

3年前、リアンドロのことをなるべく忘れたかったイベリナは何とかリリアナを屋敷に帰そうとしていました。

 

慣れないメイド生活を送ることになると知れば、リリアナも帰る気になるだろうと考えていましたが、意外にもリリアナはメイドとしての生活を受け入れてしまいました。

 

リリアナの気持ちに関わらず、彼女にはイベリナについていく以外の選択肢がなかったのです。

 

リリアナに帰る気がないと知ると、イベリナの気持ちも変わってきました。

これから向かう南部の街は今、不安定な情勢下にあります。

 

見知らぬ世界でそんな街に飛び込むのに、リリアナが付いてきてくれるのは心強いと思うようになったのです。

 

そんな訳でリリアナはそれからイベリナと一緒に庶民のメイドとして振る舞うことになりました。

これからは同じ立場ということで、親しみを込めてお互いをリリ、イビと呼び合うようになった二人。

その日からこれまで仲良く働いて来ていたのです。

ディエゴの訪問

時は戻って現在。

いつもなら厨房を担当しているイビとリリまで清掃に駆り出して、男爵邸は何やらバタバタ忙しげです。

 

今日は何があるんだろう?

疑問を口にするイベリナに、リリアナは呆れ顔です。

 

先日ディエゴ皇太子は功績を挙げたことにより、父より近くの領地を贈られていました。

その視察を兼ねて、近隣の貴族の邸宅を訪れていたのです。

 

そして今日は男爵の家へやってくる日。

だからこそ長閑な田舎貴族邸には珍しく、皆忙しげに屋敷の掃除をしていたのです。

 

ディエゴこそ原作の主人公ですが、イベリナにとっては推しキャラを不幸に貶めることになる憎きキャラでしかありません。

 

自分はただのモブキャラなのに、何かとメインキャラと関わることが多いなと感じながらも、イベリナは一生懸命掃除に取り組みます。

 

寝室を掃除していると、仲間のメイドがイベリナを急かします。

とうとうディエゴがやってくるのです。

 

屋敷の人間総出で出迎えるために、イベリナも早く玄関に行くよう言われます。

 

まだ枕に羽毛が一つ残っていましたが、急ぐよう言われたイベリナは出迎へと向かいました。

 

やってきたディエゴは遥かに年上な男爵に対しても高慢な態度で接しています。

その姿を見てイベリナは、やはり自分には彼を好きにはなれないと思うのでした。

公爵家のメイドに憑依しました45話の感想&次回46話の考察予想

リアンドロとイベリナが離れ離れになってからなんと3年の月日が流れてしまいました。

それでも何とか悲劇は起こらず、ある程度上手くやっているようですね。

 

しかしイベリナはいまだに自分にはリアンドロと結ばれる資格がないと思い込んでいました。

3年の間にも何とか忘れようと努力していたことが窺えます。

 

リリアナの髪も伸びて、騎士の時よりも女の子らしくなっていました。

メイド服も似合っていて可愛かったですね。

 

心配だったメイドの仕事もしっかりこなして、今ではイベリナと遜色のない働きもできるようになっていました。

しかし内心では騎士としてもどかしい思いも抱えている様子です。

 

さて、ラストで現れたディエゴは男爵邸でどんな事件を起こすのでしょう。

彼もリアンドロの解呪に興味を持っている人物の一人です。

 

イベリナにとって苦しい展開が待っている可能性があり、ハラハラですね。

まとめ

今回は漫画『公爵家のメイドに憑依しました』45話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

とりあえずそれぞれの立ち位置に落ち着いたようですが、皆どこかもやもやした気持ちを持ち続けていましたね。

 

そこへやってくる本当の主人公ディエゴ。

果たしてどんな波乱が待ち受けているのでしょうか。

 

≫≫『公爵家のメイドに憑依しました』の他の話数ネタバレはこちら