外科医エリーゼのネタバレ

漫画「外科医エリーゼ」は原作mini先生、漫画yuin先生の作品でピッコマで配信されています。

 

公爵夫人を助けるための行動だったという事が認められたエリーゼ。

まだ結果を知らされておらず、幽閉されている百院で医者になるための勉強をしていたエリーゼの元に現れた男は、リンデンの弟ミハイルでした。

 

リンデンのライバルという事を教えて意地悪してやろうと考えていたミハイルですが、自分の姿を見て突然泣き出したエリーゼに驚きます。

また、ミルという呼び方をするエリーゼですが、ミハイルとの間に何があったのか気になりますね。

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

 

今回は「外科医エリーゼ」36話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

外科医エリーゼ37話の見どころ・考察予想

今回は、リンデンの弟ミハイルとエリーゼの中がグッと深まる回となっています。

 

初対面に近いはずのエリーゼが、なぜ急に泣きだしたのか気になって近づいたところ、エリーゼの考えや行動に次第に興味を持つようになります。

 

また、エリーゼの侯爵夫人を助けるための行動を調査してくれた調査員がエリーゼの元を訪れるのですが、どうやらエリーゼと関係がある人物だったようです。

 

今回も目が離せませんよ!

外科医エリーゼ37話のネタバレ込みあらすじ

ミハイルを見て突然泣き出した本当の理由は言えず、目にホコリが入ったと嘘をついたエリーゼ。

変に思われてしまったと心配するエリーゼは、話をそらすため自己紹介をしました。

 

遠くからしか会ったことがないはずなのに、エリーゼがなぜ急に泣いたのか不思議に思います。

ミハイルはよく分からないままでしたが、”今日は挨拶だけに来ただけ”とそのまま部屋に帰っていきました。

 

翌日から、ミハイルはエリーゼの元へ遊びに行くようになります。

朝の挨拶から午後からと時間に関係なく会いに来るようになりました。次の日も、その次の日も毎日遊びに来るのでした。

親睦が深まるエリーゼとミハイル

もともと、あっけらかんとした性格のミハイルは、次第にエリーゼになつくようになり色んな話をするようになります。

 

ある日、いつも本を読んで医学の勉強をしているエリーゼに、本当に医者になるつもりか尋ねました。

即答で、試験に合格して絶対医者になる!と笑顔で答えるエリーゼ。

 

リンデンとの結婚はどうするのか聞くと、それは考えていない。だからお義姉様ではなく”リゼ”と呼んでほしいとお願いするのですが、ミハイルは、その呼び方を気に入った様子で、笑顔で了承するのでした。

 

ある日、ミハイルは、父からこっそり盗んだワインを今夜一緒に飲まないかと誘います。

監禁中にお酒を飲むのはちょっと…と断るエリーゼですが、ミハイルは引き下がりません。

 

グイグイと誘いに来るミハイルに、なぜか反論できず、一緒に飲むことを了承してしまいます。

その日の夜、豪華な食事と絶品ワインで、二人は乾杯し色々な事を話しました。

ミハイルに恋心が芽生える?

エリーゼはその楽しいひと時に、前世の頃のミハイルを思い出し、何も変わっていない事に微笑んでしまいました。

前世の頃のミハイルといえば、常に自由で明るくて周りの人たちにも平等で市民に愛された第三皇子だったのです。

 

ですが、ある事件が起きミハイルは命を落とします。

 

それを止める唯一の方法は、皇権をあきらめる事ですが、『あの理由』があるから無理だろうし…と頭を悩ませるエリーゼでした。

 

考え込むエリーゼの様子に声をかけるミハイル。

ハッと気が付いたエリーゼは、慌てて”ちょっと酔ってしまったようだ”とごまかします。

 

ミハイルは、なぜいつも何度も人生を経験したかのように切ない顔をするのかと尋ねますが、エリーゼはしらを切るばかり。

 

ミハイルは、話題を変えて、医者になりたい理由を尋ねます。

大貴族なのにわざわざそんな苦労しなくても、と不思議に思うのです。

 

エリーゼは、なぜ剣を極めたのかと逆にミハイルに質問します。

剣が好きだからと答えるミハイルに、私も同じで、ただ医者が好きなんだと答えます。

 

医者になれなかったら、鳥かごに閉じ込められた鳥のように干からびてしまうと話しました。

 

いつの間にか眠ってしまったエリーゼに、”僕が兄上ならもっとエリーゼを大事にするのに…”つぶやき、部屋を後にするミハイルなのでした。

調査員グレアムとエリーゼは知り合いだった

次の日エリーゼの元に客人が訪れます。調査員のダンとグレアムです。

 

奇跡の手術を行ったエリーゼと話をするために訪れたのですが、お互いをを見て驚くエリーゼとグレアム。

どうやら二人は知り合いだったようなのですが…。

外科医エリーゼ37話の感想&次回38話の考察予想

エリーゼとミハイルの仲がぐんと深まった今回。

 

エリーゼは前世の記憶からミハイルに対し不安になっているのですが、ミハイルにとっては、ミステリアスに映っているようで、気になるという観点から、恋心が芽生えたのかな?と思いました。

リンデンとミハイルとエリーゼの三角関係が今後展開されるのでは??とドキドキしています♪

本編の話ももちろんですが、サイドストーリーも面白くて気になりますね!

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』37話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

ハーバー侯爵夫人を救ったと認めてもらえた事で今後どのような展開になっていくのか楽しみですね。

医者になる事は認めてもらえるのか、恋の行方はどうなっていくのか注目していきたいと思います!

≫≫次回「外科医エリーゼ」38話はこちら