韓国→日本語略訳|公爵夫人の50のお茶レシピ先読みネタバレ!

漫画「公爵夫人の50のお茶レシピ」62話の原作/韓国版の小説を先読みして読んだので、あらすじ&ネタバレをご紹介します。

 

≫≫日本語版のネタバレはこちら

公爵夫人の50のお茶レシピ62話【原作】韓国版のあらすじ込みネタバレ

収穫祭でおばあちゃんの薬代のため、スリをしようとしていた少女サンディ。

クロエは、サンディのおばあちゃんの壊血病の原因が、ビタミンC不足にあることを見抜きます。

 

しかしビタミンCが豊富に含まれるフルーツは高価なため、サンディには到底手が届きません。

そこでクロエはある方法を思いついたのでした。

ビタミンCの宝庫、ローズヒップ。

クロエがそっと差し出したのはローズヒップでした。

バラの果実を乾燥させたローズヒップをお湯で淹れたものを飲ませると壊血病に効果があるというのです。

 

ぽかんとするサンディにクロエはやっとで抱えきれるほどのローズヒップを渡し、おばあちゃんに1日1杯ずつお茶を飲ましてあげるように言います。

クロエはローズヒップにレモンの30倍ものビタミンCが含まれており、「ビタミンCの爆弾」とも呼ばれていることを知っていました。

それほどのビタミンCが含まれていれば壊血病に効くと断言できる、と判断したのでした。

サンディの家族の力になりたいクロエ。

別荘へ帰る馬車のなかで、クロエは物思いにふけります。

事故で片腕を失くしてからというもの働き口が見つからず、酒に溺れて人が変わってしまったというサンディのお父さんのことを考えていたのです。

 

浮かない顔をしたクロエを心配し、アルフォンスも声をかけます。

クロエはサンディと彼女の家族があまりにも不憫で何か力になってあげたいと思うのでした。

クロエが村の領主にした驚きの提案とは...?

翌日の晩、クロエとアルフォンスは村の領主の屋敷に招かれました。

 

男爵夫妻と食事を楽しむクロエとアルフォンス。

農業と秋の美しい光景を売りにした観光業がこの村の主な収入源だと言う男爵に、クロエはある提案を持ち掛けます。

 

この村でたくさん収穫できるローズヒップを壊血病の治療薬として売ってはどうか、という提案です。

ローズヒップは野菜や果物とは違って傷みにくいので長期保存に適しており、軽いので運送も簡単だといいます。

ローズヒップの販売は、バラがたくさん咲き誇るこの村にぴったりの事業です。

 

不治の病といわれていた壊血病がローズヒップティーを飲めば治るという信じられない話に半信半疑の男爵。

しかしクロエにはローズヒップの効能を証明できる、ある方法がすでに頭の中に浮かんでいるのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ62話の読んだ感想

スリをしようとした少女を悪人と決めつけず話を聞いてあげたうえ、おばあちゃんの治療方法まで見つけてしまったクロエ。

優しさをひしひしと感じたうえに、相変わらずの博識ぶりに感心してしまいました。

 

そして新しく村の収入源になるローズヒップ事業を思いついたクロエ。

まだローズヒップの驚くべき効能を知らない、この時代の人々を説得できるのでしょうか。

 

次回がとても楽しみです。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』62話の原作/韓国版の小説を先読みお届けしました。

当サイトではピッコマ漫画の通常/日本語版のネタバレもご紹介していますので、そちらもぜひ読んでみてください。

 

≫≫次回「公爵夫人の50のお茶レシピ」63話はこちら