エボニーネタバレ

漫画「エボニー」は原作Neida先生、REDICE STUDIO先生、漫画kakaopage先生の作品でピッコマで配信されています。

 

三次の再審が始まり、証人のいないエボニーは、ヴィクター・シェドル側に激しく非難されます。

裁判員たちはシェドル側の意見に心を動かされていて、負けるかもしれないとジュローは覚悟しかけました。

 

そんな時、マーシャが騒がしく、沢山の証人たちを連れて法廷に入ってきたのです。

≫≫『エボニー』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「エボニー」49話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

エボニー49話の見どころ・考察予想

なんとエボニーに証言者たちが!再審はどうなる?

マーシャが証人たちを連れてきたことで、エボニー側がまた有利になるかもしれませんね。

この、品格のある証人たちは誰なのか、そして何を証言するのか、楽しみです。

 

これは期待できそうですね。

マーシャからのサプライズに、エボニーの反応も気になります。

エボニー49話のネタバレ込みあらすじ

証言者たちは騎士だった!何者なの?

この証人たちは、七年戦争に参戦した騎士で、この中にはその功績から、王室より勲章を得たものもいると言います。

シェドル側は、事前報告を受けていないため怒りながら異議を申し立てました。

 

しかし、裁判長は、手続きは済んでいると、異議を却下したのです。

証人たちの共通点、それは、皆シェドル家の家臣や小作人だったということです。

 

シェドル家の男性は、騎士にも関わらず、家臣などを身代わりに送り、自分たちは戦争にはいかなかったのです。

そして、身代わりの者たちが戦地で戦う中、本院たちは妻や姉、娘をもてあそぶなどというおぞましいことをしていたと話します。

 

そして、いよいよ、エボニー側の証人たちの証言が始まったのです。

いよいよ証言が始まる!そして明らかになる悪事!

初めに証言台に立ったのは、シェドル家の家臣でした。

なんと、彼の妻は彼が戦地にいる間、ヴィクター・シェドルに嫌がらせを受けたというのです。

 

続いて、警備員をしていたものは、自分の妹がヴィクターの被害にあったと証言しました。

そして、自分自身も、親の介護のため徴兵を拒むと、マーカス・シェドルに殴られ、全治三か月のけがを負ったというのです。

 

マーカス・シェドルは陰謀だと騒ぎ立て、証人たちを威嚇しますが、ジュローはどどめの弁論をします。

そして、ヴィクター・シェドルの素行の悪さを皆にアピールしたのです。

 

そこで現れた顔に傷がある男を見て、マーカスは青ざめます。

その男性とは家門の警備隊長であり、ヴィクターの死亡当時の話を知っていると話し始めたのです。

そして、いよいよ核心に迫る。

証人は、ヴィクターの結婚前夜、邸宅は使用人でいっぱいだったが、報復を恐れ誰も証言できなかっただけだと言いました。

そして、まず、証言を前回できなかったこと、証言が遅れたことを謝ったのです。

 

マーカスシェドルが、裏切り者と警備隊長に暴言を吐き怒鳴ると、シェドルは警備員たちに取り押さえられます。

そして、そんな中ジュローは、最後のとどめに、国際アカデミー法学会からの公文書を読みました。

 

そこには、エボニーが故意にヴィクター・シェドルを殺めたとは考えられないこと、むしろ被害者に近いという内容が書かれていたのです。

そして、この事件は明白な正当防衛であるとも、書かれていました。

 

裁判長が、エボニーに、最後に言い残したことがあるか問うと、エボニーはこう答えたのです。

 

自分は従順な娘だったが、彼との結婚だけは受け入れられなかったこと。

18歳だった自分には、ヴィクター・シェドルと父はとても怖い存在だったこと。

そして、父はシェドが亡くなったことによる家門の名誉回復の為に、自分に自死を迫ったことを証言したのです。

 

エボニーは、自分を守っただけであり、誰のことも殺めていないことを誓いました。

しかし、裁判では誰も自分の話を聞いてくれず、スぺス監獄では、看守が囚人を毎日殴り拷問し乱暴していることなども話しました。

 

その洗脳は酷く、五年もあれば自ら殺人鬼と思ってしまい、処刑を願うようになってしまうようになるとも言います。

そして、自分を守るために抵抗した者と、ヴィクター・シェドルと、どちらが悪いのか、しっかりと前を見て質問したのです。

エボニー49話の感想&次回50話の考察予想

これは、何とも心強い証人たちでしたね。

法廷の空気が一気に変わったのが目に見て取れました。

 

証人たちも、自分や自分の妻、妹が乱暴されたのですから、ヴィクター・シェドルに強い恨みがあるのでしょう。

こんな優れた証人たちを集めたマーシャ、凄過ぎます。

 

公的文書まであるのですから、これはもう、エボニーの勝ちでしょうね。

次回、スカッとした展開が見れそうで楽しみです。

まとめ

今回は漫画『エボニー』49話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

証人たちはシェドル家に使えていた騎士たちでした。

その証言からは沢山のおぞましい、ヴィクター・シェドルの悪事が明らかになったのです。

そして、無罪を主張したエボニーはスぺス監獄での体験も公にしたのです。

≫≫『エボニー』の他の話数ネタバレはこちら