ゴッド オブ ブラックフィールドネタバレ

漫画「ゴットオブブラックフィールド」は原作雲先生、漫画SIN先生の作品でピッコマで配信されています。

 

シャフランが銀行の暗証番号を自分の戦場での異名をつけていると知り怒る恭弥。

すべてを恭弥に話したスミセンは自分の命だけは救って欲しいと懇願します。

ダエルの決断により命を救われるスミセン。

そして明日のシャフランとの約束の前に暴力団の神代と関わるのをやめようとしたのでした。

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

 

今回は「ゴットオブブラックフィールド」34話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

ゴットオブブラックフィールド34話の見どころ・考察予想

ダエルがスミセンを助けると決めた以上、恭弥はそのダエルの決断を尊重するでしょう。

そのために恭弥はシャフランとの対決にどのような計画を立てていくのかなと思います。

神代と関係も断ってしまいましたし。

 

シャフランもすぐにスミセンを返してくれるとは考えてないとですよね。

なので、恭弥の父親との契約が済んでから、お互い動き始めるのではないでしょうか。

ゴットオブブラックフィールド34話のネタバレ込みあらすじ

ホテルに着いた恭弥とスミセン

シャフランに会う当日の朝、恭弥は自分の体が軽くなり、回復しているとダエルに喜んで話します。

ダエルも恭弥の体の回復を喜んでいる様子でした。

1人シャフランの元に行こうとする恭弥を心配するダエル。

 

恭弥は救急車を呼ぶように指示し、スミセンを乗せシャフランの元へ向かいます。

片方の目を恭弥に潰され、包帯を頭から巻いて周りが見えないスミセンは救急車の中にいるのは自分と恭弥だけかと不安そうです。

駐車場に着いた恭弥とスミセンはスイートルームに案内されました。

 

時間を見計らい、シャフランに電話をする恭弥。

恭弥は契約が終了したらスミセンを引き渡す条件を出します。

シャフランはその条件を契約中にスミセンが逃げることがあると案の定、疑ってかかります。

 

契約中に見張の人間をスミセンの側に置いておくことをシャフランは提案しました。

恭弥はシャフランの方が考えて行動していると思い一瞬悩みますが、その要望を了承しました。

シャフラン部屋に現る

シャフランが恭弥達の部屋にやってきて怪我だらけのスミセンの姿を見て驚きます。

恭弥はシャフランにいかにもスミセンが何かをバラしたような言い方で、スミセンがなぜ怪我をしたか言うのでした。

 

スミセンをすぐにでも自分のもとに返して欲しいと思っているシャフラン。

恭弥に無理やり連れて行くことも可能と脅しますが、恭弥にやり込められてします。

 

諦めた口調で見張りの男に恭弥たちを見ているように指示したシャフラン。

その男は銃を取り出し、扉の前にたちました。

スミセンが恭弥の父親と契約を結びに部屋を出ていきました。

 

恭弥とスミセン、そして見張りの男がいるホテルの部屋で、時間だけが過ぎていきます。

1時間後電話が鳴りました。

五十嵐から、契約が無事に終了したとの知らせが入ります。

 

恭弥が動き出そうとするとスミセンは潰れていない片方の目の包帯をとって欲しいと恭弥に頼みました。

何が起こるか目で確かめたいというスミセンに、面倒くさがりながらも包帯をずらしてあげる恭弥。

契約を終え戻ってきたシャフラン

部屋のドアが開き、シャフランが入ってきました。

入ってくるなり恭弥に昔の西 恭弥に似ていると吐き捨てるように言うシャフラン。

シャフランは戦場で恭弥が自分のプライド傷つけたと思っているのでした。

 

そしてすべて白状してしまったスミセンを睨むシャフラン。

恭弥がすぐにスミセンを渡さないと悟ると、恭弥の母親に手を出すと脅し始めたのでした。

それを予期していたかのように恭弥は外にいる男たちに入るように指示したのです。

ゴットオブブラックフィールド34話の感想&次回35話の考察予想

生まれかわると、体まで強くなってしまうんですね。

それとも恭弥の並外れた精神力のおかげで、意地で回復したのか、わかりませんが、恭弥が元気になって素直に喜んでいる姿は無邪気な感じでかわいかったです。

シャフランとの関りや、暴力団との関りでいつも深刻な気持ちの中でこういう場面があるとなんかホッとします。

 

シャフランは恭弥があの戦場での恭弥とは気づいていませんが、恭弥の口調からその影を重ねています。

あまりにもその回数が多いので、シャフランは戦場での恭弥に相当恨みがあるのかなと感じざるをえません。

何があったのでしょう。

 

自分が儲けるために恭弥が邪魔だっただけなんですかね。

シャフランはお金に固執してそうですし、それだけの理由かもしれません。

シャフランが戦場での恭弥を毛嫌いしすぎて、妙に理由がしりたくなってしまいました。

 

さて、恭弥の父親の会社との契約も終了したし、恭弥はどんな計画をたてて、シャフランを潰そうとしているのか早く先が知りたいです。

まとめ

今回は漫画『ゴットオブブラックフィールド』34話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

シャフランと恭弥の頭脳戦が始まりました。

頭のいいシャフランですが、恭弥がスミセンを人質に取っている事。

そして恭弥があの西 恭弥であり、シャフランの性格を熟知している事。

これが有利に働いていました。

 

恭弥はスミセンを連れ、シャフランの元へ。

スミセンと恭弥をホテルの部屋に閉じ込めるという予防線をはり、恭弥との約束を済ませたシャフラン。

戻ってきたシャフランと恭弥が対面するのでした。

 

≫≫次回「ゴットオブブラックフィールド」35話はこちら