悪女は砂時計をひっくり返すネタバレ

漫画悪女は砂時計をひっくり返すは原作SANSOBE先生、漫画Antstudio先生の作品でピッコマで配信されています。

 

ミエールの誕生会の日、些細な意地悪をされたものの、オスカーと二人で話をしたりそれなりに満足したアリア。

主からのプレゼントだと高価な品々をミエールに贈ったレインと名乗る男は気になるアリアだが、次の作戦のため若い侍女アニーを物欲を刺激して手懐けようと企んでいました。

≫≫『悪女は砂時計をひっくり返す』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「悪女は砂時計をひっくり返す」24話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

悪女は砂時計をひっくり返す24話の見どころ・考察予想

ミエールの誕生会の日に突然現れたレイン。

主からの贈り物だと言ってミエールに高価なプレゼントを持ってきました。

 

アリアは前の人生では見たことのない男なので、過去とは違うことが起こっていると気付きますが、面倒なことはごめんだと思います。

 

その後もミエールにプレゼントを持って現れるレイン。

彼の主は一体誰なんだとみんな気になりますが教えてくれません。

 

アリアは直接レインに聞いてみることに。

アリアの推測はあながち間違っていないような・・・。

 

そしてサラは成人式でビンセント侯爵と出会ったのかアリアは気になっていました。

久しぶりのお茶会でサラと会うことになっていて、楽しみにしているアリアですが、そのお茶会に新しく侍女にしたアニーを連れて行くことにします。

 

サラのことも気になりますが、アリアには別の狙いもあるのでした。

悪女は砂時計をひっくり返す24話のネタバレ込みあらすじ

誕生日会の後日、またもレインがミエールに大量のプレゼントを持って伯爵邸を訪れました。

伯爵夫人は考えもなしに食事に誘いますが、アリアはミエールの婚約相手は公爵なのに、と半ば呆れます。

前の人生ではこんな人は関わらなかったのに、どこから変わってしまったのかと警戒するアリア。

レインの主は誰!?

相変わらずレインは遠慮なくランチに同席し、陽気におしゃべりを続けます。

 

伯爵夫人がレインの主はどんな人なのか尋ねますが、今はまだ教えられないと答え、有名な家紋の後継者だとだけ伝えます。

そして、ミエールのような才能のある人が好きなのだ・・・と。

 

そう言われても、ミエールは誰なのか分からないと言うと、会ったのは偶然でその日から好意を持ったと聞いていると言うレイン。

結局誰かは口にしないまま待ってくださいというだけです。

 

アリアが外国の貴族かと尋ねました。

どうしてそう思うのか聞かれたので、ミエールが公爵と婚約をすることを知らない貴族はこの国にいないし、他に国内でこれほどの財力を持つ人材は知らないからだとアリアは答えます。

 

もしくは、公爵より身分の高い皇太子ですかね?とアリア。

レインは一瞬ぎくりとした顔をします。

 

それでも結局教えてくれないので、アリアも矛を収めました。

しかし内心では、放っておいたら面倒なことになるかもしれないから待ってなんていられない、と思っているのでした。

子爵令嬢サラとビンセント侯爵

久しぶりにお茶会に参加することにしたアリア。

サラが成人式を終えて初の集まりなので、侯爵と出会ったのか気になっていました。

 

今日はアニーを付き添わせることにしていますが、アリアには考えがあったのです。

 

お茶会では令嬢たちはアリアと会うのを心待ちにしていてくれたようで、着くそうそうアリアを囲んで嬉しそうに歓迎しました。

アリアが成人式のことを切り出すと、サラのことで目をキラキラさせる令嬢たち。

 

侯爵と会ったんだとアリアはホッとします。

 

遅れてやってきたサラが、理由を侯爵の使いが来ていて・・・と話すと「やっぱり!」と令嬢たちの目がさらに輝き、ビンセント侯爵とのことを聞きたがりました。

 

サラがビンセントとのなれそめやプレゼントをもらったこと、デートに誘われたことを照れながら話し始めます。

令嬢たちはウキウキ自分のことの様にはしゃいでいました。

 

その時、アリアはサラの気持ちはどうなのか、好きなのかと尋ねます。

ビンセントの身分が高いので、令嬢たちは当たり前だと口々に言いますが、サラは一瞬戸惑っていました。

 

アリアは、侯爵は人づてに聞いただけだけど悪い人ではないと思うと言った後、サラにとって幸せだと思える方を選んで欲しいと言います。

 

サラは感激して、アリアとお揃いのハンカチを持っていたおかげだと涙ぐみました。

サラお嬢様が刺繍されたのに、と笑顔で返すアリア。

 

アリアの横で話を聞いていたアニー。

サラは子爵家の令嬢で容姿もそれほど良いわけではないのに侯爵に見初められた事実を知って、自分にもチャンスがあるかも、と思っていました。

 

当然アリアはそう感じるだろうと踏んでアニーを連れてきています。

アニーの願いを叶えてあげられるのは私だけ・・・覚えておきなさい、とアリアは心の中で呟いていました。

悪女は砂時計をひっくり返す24話の感想&次回25話の考察予想

レインの主って多分皇太子ですよね。ギクッとしているし・・・。

ということは、ミエールとアリアを勘違いしているということになりますね。

アーサー(皇太子)が出会ったのはアリアですから。

 

どちらにしろ、アリアが知っている過去とは大きく違ってしまったのは間違いありません。

アリアはまだレインの主が皇太子だと気付いてはいないし、もし気づいたとしてもそれはそれで困ってしまうような気もします。

アリアの筋書きの中には全然登場しない人ですから。

 

アニーはシンデレラストーリーを間近で見て、自分にもチャンスがあると思ったようです。

子爵家は貴族の中でも第4位、下の方ですからね。

 

それにしても、アリアの母親は平民出身。

アニーからすればそちらの方が身近だと思うのですが、ただ、伯爵夫人はすごい美人だから身分より容姿で諦めていたのでしょう。

サラは特別美しくない、と表現されているからアニーは自分にも・・・と思ったのでしょうが、なかなか失礼な話ですよね!

まとめ

今回は漫画『悪女は砂時計をひっくり返す』24話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

レインの主は皇太子?というヒントがアリアの質問から導き出された感じの回でした。

アリア自身はまだ気づいていないようですが。

サラが無事ビンセント侯爵に見初められたことを確認したアリア。

サラのシンデレラストーリーに侍女のアニーがもしかして自分にもチャンスがあるのでは・・・と思うようにまんまと仕向けるのでした。

≫≫『悪女は砂時計をひっくり返す』の他の話数ネタバレはこちら