暴君には悪女がお似合いネタバレ

漫画暴君には悪女がお似合いは原作YU-IRAN先生、漫画NAJEON先生の作品でピッコマで配信されています。

 

ドラゴン騒動もひと段落した宮中のセシルの部屋。

一人でゆっくり小説でも読もうと思っていたのに、エスティアンまで一緒に入ってきちゃいました!

そしてあろうことかセシルの愛読書、ちょっと過激な恋愛小説をパラパラとめくり、声に出して読んでくれと言い出したのです。

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

 

今回は「暴君には悪女がお似合い」28話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

暴君には悪女がお似合い28話の見どころ・考察予想

セシルのことを相当気に入っているエスティアン。

困り顔のセシルを見ることを楽しんでいるように感じます。

過激な恋愛小説を声を出して読んでくれとセシルに言いますが、その言葉の裏には・・・夫婦円満?

 

そして作者の書いたストーリー通りであれば命を落としているはずの聖女。

生きていました。

 

ただ、聖力を使いきってしまったようです。

ここに残るしかない!とイレーヌのメイドを続けることになりそうです。

 

イレーヌも聖女を気に入っているので、絶対誰にも渡さない、と執着しています。

特に、聖女を探していると噂の騎士団長ケインに敵意を燃やすイレーヌ。

 

その頃、他国ではエスティアンに何か仕掛けようと動いている国が!

暴君には悪女がお似合い28話のネタバレ込みあらすじ

エスティアンに、愛読書の1冊を読んでくれと言われ困り顔のセシル。

なぜなら・・・。

エスティアンの目論見

エスティアンが手にした本は「彼は毎晩野獣と化す」という過激な恋愛小説。

エスティアンはセシルを後ろから抱きかかえるように座らせ、困り顔のセシルに「どうかしたのか?」としれっと聞いてきます。

 

密着した体勢にもセシルはドギマギしていますが、この小説は声に出して読むとかなり恥ずかしい内容・・・。

途中まで頑張って読んだセシルですが、その先は声に出して読んじゃダメ!と真っ赤になって他のことならなんだってするから許してくれと言いました。

 

そうか、とエスティアンはセシルにキスをして、読むのが嫌なら実際にやってみるのはどうだ?と囁きます。

最初からそれが目的だったのでは・・・と言うセシルに、否定はできないと答えるエスティアン・・・。

聖女の聖力が無くなった!?

翌朝、ケインの元にドラゴン騒動の時にいたメイドが消えたと報告が入ります。

そう、作者が憑依した聖女のこと!

 

ドラゴンを前に「私が倒す」と言った言葉は確かに覚えているし、何かされたような気もするケインなのでした。

 

その頃聖女は、イレーヌの屋敷で目を覚ましていました。

私生きてる・・・。

 

聖女は自分の命を代償にドラゴンを倒す内容を書いたので、こうして生きている事が不思議なのです。

 

イレーヌがやってきて心配したと聖女を抱きしめました。

いつになく馴れ馴れしいイレーヌを怪訝に思っていると、イレーヌは「うちから逃げようとしたんじゃないよね・・・?」と脅すような表情で聞きます。

 

聖女は一刻も早くここから逃げ出したかったので、お嬢様をよろしくとまわりのメイドに言っていたのがバレていたのです。

ジョークですよ、と一応否定しますが聖力で逃げ出そうとその時も思っていました。

 

ところが、ドラゴンを倒すときに聖力は全部使い切ってしまったようで、力をまったく感じない聖女。

こうなったらここにいるしかない!とお嬢様を置いて出ていくわけない!とイレーヌに抱きつきました。

 

イレーヌは、他のメイドと違って言いなりにならないし意見も言う聖女のことを、友達のようにさえ思っていて、誰にも渡さない!と執念を燃やしているのです。

 

ケインがメイドを探していると耳にしているイレーヌは、聖女を利用しようとしているに違いないと早合点して、自分が守ってあげると言うのでした。

 

そんなイレーヌも、騒動の中助けてくれたイケメンに心を奪われています。

魔塔の王リハルトに・・・。

新たな登場人物、ユリアナ!

その頃大陸の他国では不穏な動きが。

アルキア帝国でドラゴンが見つかったと聞いて、そろそろ彼女を向かわせようと思っていたのでいい口実だ、と話す人物たち。

ユリアナと呼ばれる一人の女がエスティアンたちの元へ向かおうとしているのでした。

暴君には悪女がお似合い28話の感想&次回29話の考察予想

相変わらずラブ展開ではエスティアンに主導権握られっぱなしのセシル。

まぁ、幸せそうですけどね。

 

セシルに対しては全然暴君ではないエスティアン。

ひたすらイケメンの素敵な夫です。

 

聖女は聖力本当に無くなってしまったのでしょうか?

だとしたら単に異世界から転生してしまった普通の人になってしまったの?

 

でもこれからもストーリーには絡んでくることを切望します!

なかなか面白いキャラですからね。

ケインも気になっているようですし。

 

イレーヌは魔塔の王だと知らずにリハルトに一目ぼれしてしまったようですが、エスティアンはもういいのでしょうか?

 

そして気になるのは謎の女と帝国(?)。

エスティアンに何か仕掛けてくるようです。

次回も楽しみですね。

まとめ

今回は漫画『暴君には悪女がお似合い』28話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

エスティアンとセシルのラブラブ夫婦のお話から始まり、ドラゴン騒動で偶然出会った人が気になるケイン、イレーヌそれぞれの胸の内が少し明らかになりました。

そして聖力を無くした聖女と、謎の女ユリアナの登場で物語は新たな展開を迎えそうです。

≫≫次回「暴君には悪女がお似合い」29話はこちら