怪物公爵と契約公女のネタバレ&感想

漫画「怪物公爵と契約公女」は原作MinJakk先生、漫画Liaran先生の作品でピッコマで配信されています。

 

家族と使用人に虐待されて育ったレスリーは生贄にしようとしていた両親の考えを知り絶望します。

自分を養子として受け入れて貰うように交渉した家紋は怪物一家とウワサされるサルバトール公爵家

貴族裁判を経て、ようやくレスリーはサルバトールの姓を名乗れるようになったのです。

 

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「怪物公爵と契約公女」41話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

怪物公爵と契約公女41話の見どころ・考察予想

貴族裁判を優位にしてくれたコンラッド卿。

父であるスペラード侯爵の策略により、高位司祭におかしな術を使われたレスリー。

神力を受け付けないようにされた理由はサルバトール家の次男、ルーエンティが洗脳するための魔術を使ったとこじつけるためだったのです。

 

その神力を弾く理由に言葉を詰まらせたルーエンティを救ったのは、コンラッド卿でした。

 

ごく稀に神力を受け付けられない人がいることを証言し、彼が使った神力をレスリーが受け入れたのです。

コンラッド卿のおかげで裁判はサルバトール公爵家の勝訴となりました。

 

しかし、コンラッド卿が使った術はレスリーが弾いた力の倍以上の威力を自分が受けるという非常に危険な術だったのです。

 

友人であるルーエンティは彼を心配し、慌てて彼を問い詰めました。

結局レスリーのためにそこまでする彼の考えが理解出来ないまま解散することになってしまったのです。

 

レスリーを守ると言ったコンラッド卿の本心は未だ不明ですが、純粋な親切心からの行動だといいですね。

祝福の名を貰えたレスリー

裁判後、そのままやって来たのは神殿でした。

既に準備された奥へと呼ばれ、神語のお祈りを受けたレスリーは祝福の名を貰えました。

レスリー・シューヤ・サルバトール、それがレスリーの正式な名となったのです。

 

サルバトール公爵家で穏やかで幸せな時間を過ごしていても、ぬぐいきれない不安を抱えていたレスリー。

やっと、正式にスペラード侯爵家での地獄のような日々から解放され、祝福の名まで貰え、心底願っていた幸せを手に入れることが出来ました。

 

とりあえず一段落ですが、マディア太后などの問題も残っておりますし、スペラード侯爵家の今後も気になりますね。

これからどう展開していくのか、とても楽しみです!

怪物公爵と契約公女41話のネタバレ込みあらすじ

幸せな日は笑顔で!

サルバトール公爵の計らいで、神殿にてようやく祝福の名を貰えたレスリーは、すぐに家族に報告に行きます。

シューヤ、と伝えると、いい名前だと、家族のみんなが優しい笑顔を向けてくれました。

 

感動のあまりに泣きそうになってしまうレスリーですが、今日は幸せな日なのだから、と涙を堪えて最高の笑顔を家族に見せるのでした。

 

一方、王宮の一室にて、マディア太后と高位司祭のデビエン、そしてリフェエルという女性が裁判の結果を語り合っていました。

 

マディア太后はサルバトール公爵の使用人を二人、証人として付けるという手助けをしたにも関わらず敗訴という結果になったことに想像以上に無能だと呆れます。

 

また、デビエンはレスリーに対してイカサマをしたと発言し、それをどう回避したのかを問います。

結果、コンラッド・アイテラ公爵が神力を使うという、互いにイカサマをし合ったことに納得しました。

 

リフェエルは今からでもエリーとの婚約を破棄するように進言します。

しかし、これから候補試験が始まるため、他の人間を探すのは難しいとマディア太后は返しました。

 

そんなことよりもマディア太后は、サルバトール公爵が裁判をしてまでレスリーを養子に取る理由が分からず、何を企んでいるのかが気になっています。

 

リフェエルはすぐにマディア太后の意を理解し、多くを語らず了承するのでした。

 

そしてコンラッド卿は、父のアイテラ大公に頬を殴られていました。

王族の血を引く彼がサルバトール公爵の肩を持つ結果になったことに怒りを露にします。

 

神学を教えることを許可したことが間違いだったと憤るアイテラ大公ですが、彼は貿易船が沈んだ事により最近機嫌が悪いようです。

心配する執事の差し出すタオルを笑顔で受け取り頬に当てました。

 

そんな彼に、一人の少年が駆けつけてきます。

コンラッド卿の弟である、フリートです。

 

彼を見下ろしていたコンラッド卿は、ふと、弟とレスリーが被って見え、なぜ自分があんなに彼女を助けたいと思ったのか理解できた気がしたのでした。

 

サルバトール公爵家に戻ったレスリーは、使用人たちにも名を名乗り、全ての人たちに祝福されます。

もう遅いからと寝るように促されたレスリーは、ベットの中で幸せを実感し、眠れなくなってしまいました。

 

そしてふと、サイレーンが渡してくれた、叔父からの手紙に目を止めます。

気になったレスリーは、明かりをつけて手紙を読むことにしました。

怪物公爵と契約公女41話の感想&次回42話の考察予想

サルバトール公爵家には敵がいっぱいのようです。

貴族裁判では、当然ですがマディア太后の手引きによる物が沢山あったようですね。

 

更に高位司祭もイカサマと言い切ったあの裁判。

神と家門に誓ったサルバトール公爵が一番の正義ですよね。

 

王族が良く思わないサルバトール公爵家に加担した形になったコンラッド卿の父も怒りを露にしていました。

スペラード侯爵ごときがサルバトール公爵を相手に裁判を開けたその裏を彼は理解していたのでしょう。

 

やっと、レスリーはあの地獄の家から解放され、幸せを実感出来て本当に良かったですね。

 

それにしても、コンラッド卿・・・。

弟、なるほど・・・、それはそうか、小さいですもんね、レスリー・・・。

 

ですが、サルバトール家で栄養もしっかり取って鍛えて成長したら、ものすごく素敵な女性に成長するでしょう。

そっち方面でもレスリーには幸せになって欲しいですね!

 

これからもサルバトール家やレスリーに色々と困難がありそうなので、続きが気になって仕方ありません!

まとめ

今回は漫画『怪物公爵と契約公女』41話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

貴族裁判でのサルバトール家の勝訴という結果に様々な人が複雑な思いを抱えているようです。

マディア太后はサルバトール公爵がなぜスペラード侯爵の次女を養子に迎えたのか疑念を持っています。

これから始まる候補試験はレスリーに関わることなのでしょうか。

 

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら