公爵夫人の50のお茶レシピネタバレ

漫画公爵夫人の50のお茶レシピは原作Lee Jiha先生、漫画Ant Studio先生の作品でピッコマで配信されています。

 

トリプルスイートの商品を店で扱わせてほしいとベラドーナ侯爵から取引を申し入れられたクロエ。

店の衛生状態に不安を覚えたクロエは申し出を断りますが、諦められない侯爵に店を見に来て欲しいと言われ視察に出向きました。

店内だけでなく厨房など改善点があることを指摘すると、クロエの言うように忠実に改善した侯爵

これで取引をしてくれるかと聞くと・・・。

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「公爵夫人の50のお茶レシピ」42話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

公爵夫人の50のお茶レシピ42話の見どころ・考察予想

クロエの店は順調に売り上げを伸ばしています。

楓のときからの趣味のお茶がクロエとして事業を展開することになって忙しいくてもやりがいを感じ、どんどん没頭していきます。

 

明らかにオーバーワークなクロエ。

睡眠も満足に取れないほど多忙を極めていました。

心配するアルフォンスの言葉にも大丈夫だと耳を貸さずに頑張り過ぎたクロエは、とうとう倒れてしまうのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ42話のネタバレ込みあらすじ

クロエの言うとおりに店の衛生基準を上げて取引に応じてもらおうと必死なベラドーナ侯爵。

クロエもその労をねぎらいますが、ですが・・・とすんなり首を縦に振りません。

クロエ、見事に食品衛生を伝授!

ベラドーナ侯爵の店は衛生基準の見直しをしてからまだ日が経っていないので、全店にうちの商品を置くことはできないとクロエ。

まずは数店舗から始めて徐々に増やしていきましょう、と提案しました。

ドキドキしていた侯爵は、取引に応じてくれたことに心からホッとしている様子で、多くのことを勉強できたことにも感謝を述べます。

クロエもまた、この国でも現代の食品衛生を伝授できたと嬉しく思うのでした。

クロエ、ソファでアルフォンスと添い寝

トリプルスイートの売り上げが伸びていることは嬉しいことですが、クロエは経営や商品分析で多忙を極めていました。

 

クロエ自身は趣味だったお茶がこうして事業にまで拡大したことが嬉しくて、忙しいことも楽しいとさえ感じています。

しかし、アルフォンスはそんなクロエを心配していました

 

睡眠もろくに取っていないように見えるクロエに、自分が手伝いもするし人を雇ってはと提案しますが、楽しくてやっているからとクロエは聞き入れません。

 

それなら今日くらいはゆっくり休んでくれとクロエを抱き上げソファの上に。

背を倒すとソファベッドだったことにクロエは気づきますが、アルフォンスまで一緒に横になりました。

 

寝てていいですよと言われますが、じーっと見られて寝るに寝られないと言うクロエに、こうすれば・・・と自分の胸にクロエを引き寄せるアルフォンス。

 

初めは照れているクロエですが、そのうちウトウトし始めそのうち寝息をたてて寝てしまいました。

クロエ、倒れる!

クロエはトリプルスイートの新商品としてクッキーとチョコレートを考えていました。

 

試作品の味見をしてもらおうとバロンドールを訪ねますが、帰りがけに立ち眩みを起こしてしまいます。

すぐに立ち上がったクロエですが、バロンドールの目にもやつれている様に見え、医者に診てもらうことを強く勧められました。

 

クロエが退室した後、バロンドールはこのことをアルフォンスに報告するべきか悩みます。

以前アルフォンスからクロエに関しての些事はいちいち報告するなと命令されていたからです。

それはまだ楓が憑依する前のクロエのことだったのですが・・・。

 

クロエはバロンドールのところから戻った後も体調が優れません。

アルフォンスとの夕食のときも食欲がなく、頭痛もしてしているのでほとんど料理には手を付けられずにいました。

 

アルフォンスは気が付きますが、それよりもクロエの顔色が悪いことを心配して席を立ちクロエの元へ。

大丈夫ですか?と声をかけました。

 

立ち上がろうとしたクロエは酷い眩暈に襲われ、目の前が真っ暗に。

声をかけるアルフォンスの声もどんどん遠くなっていくのでした。

公爵夫人の50のお茶レシピ42話の感想&次回43話の考察予想

開店したトリプルスイートは順調に売り上げを伸ばしているし、ベラドーナ侯爵の件もあって、ビジネスが面白くて仕方がないという感じのクロエですね。

 

そういえば、アルフォンスとクロエは夕食とミーティング、そしてティータイムにしか顔を合わせないのですよね。

寝室を共にするのは月に1度と契約しているわけですし。そう考えると、アルフォンスはクロエがどのくらい睡眠をとっているか仕事をしているのかあまり把握できないのも当然かも。

 

以前のアルフォンスだったらこんなにも心配はしなかったと思いますが、今はクロエのことをすごく大事にしているので、こんなになるまで何もしてあげられなかった自分を責めてしまうのではないでしょうか。

まとめ

今回は漫画『公爵夫人の50のお茶レシピ』42話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

自分の意見をちゃんと実行してくれたベラドーナ侯爵のお店にも商品を卸すことになったクロエ。

事業は順調で新商品開発にも力を入れます。

そんな働きすぎのクロエを心配するアルフォンス。

とうとうクロエは倒れてしまうのでした。

≫≫『公爵夫人の50のお茶レシピ』の他の話数ネタバレはこちら