外科医エリーゼのネタバレ

漫画外科医エリーゼは原作yuin先生、漫画mini先生の作品でピッコマで配信されています。

 

リンデンとエリーゼの婚約式が執り行われました。式は長時間に及ぶためエリーゼは皇帝陛下の体調を心配していました。式が進み皇帝がリンデンと祝杯を交したとき、突然苦しんで倒れてしまいます。皇帝の口からは血が・・・!

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

 

今回は「外科医エリーゼ」122話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

外科医エリーゼ122話の見どころ・考察予想

婚約式の最中、血を吐いて倒れてしまった皇帝陛下。

持病の発作ではなく心臓発作でした。

 

すでに脈はなく危険な状態でしたが、エリーゼの心臓マッサージで息を吹き返します。

しかし、予断を許さない状況であることには変わりありません。

 

祝杯の酒を注いだリンデンが疑われ、警備隊に連れて行かれてしまいました。

エリーゼは皇帝に付き添い皇室十字病院へ。

 

ここで怪しいのは貴族派ですが・・・。

ミハイルの伯父であり貴族派の筆頭、チャイルド公爵は自分たちではないがこれはリンデンを廃位にする好機だとミハイルを焚き付けるのですが・・・。

外科医エリーゼ122話のネタバレ込みあらすじ

口から血を流して倒れた皇帝陛下。会場はどよめきます。

エリーゼが医者を!と叫んで控えていた医師団が会場に走り込んできました。

皇帝が倒れた原因は!?

エリーゼが脈を確認するとすでにそれはなく、ただの失神ではなく心臓麻痺だと判断しました。

すぐに指示を出すエリーゼですが、急に心臓発作を起こすなんて皇帝の持病では不可解だと思います。

 

でも、とにかく助けないと!と心臓マッサージを続けると、ようやく脈が戻りました。

しかしバイタルを確認すると安心できる状態ではありません。

 

後遺症も心配です。

皇帝をすぐに皇室十字病院に搬送しました。

 

会場ではこの騒ぎに騒然となっています。

皇帝が持病を患っていて体調がすぐれないことは知られていましたが、急な発作にあらぬ噂が飛び交いました。

 

酒に何か入っていた・・・?

疑惑はリンデンへ!?

警備隊がリンデンに同行を求めました。

仮に酒に何か混入していたとすれば、一番疑わしいとは皇帝に酒を注いだリンデンなのです。

 

別室でミハイルはチャイルドに、まさか伯父さんが何かしたのでは?と尋ねました。

チャイルドは、策は練ってはいたが今回のことは違うと答えます。

 

それでも好機であることは間違いないと断言しました。

 

皇帝がどんな理由で心臓発作を起こしたのかは分からないが、今後の公務は難しくなることは間違いない。

そして、リンデンは自らの無実を証明しなければならない立場にいる。

 

しかし心臓発作の原因を究明することはエリーゼであっても無理だろうから今回のことでリンデンを廃位させることができる・・・とミハイルに動くことの許可を求めました。

 

ミハイルは複雑な気持ちになりますが、実母のことを考えると躊躇ってはいられないと思いチャイルドに同意するのでした。

貴族派の策略!ゴシップを流せ!

チャイルドはまず新聞社に手を回しゴシップ記事を書かせ、市民に皇太子が皇帝を毒殺したかもしれないという噂を流すよう指示しました。

 

市民の間でも、祝杯の酒があやしいのではないかと噂が立つように・・・。

 

皇帝派の貴族たちは憤っています。

そもそも皇太子であるリンデンが皇帝を毒殺する理由などありません。

 

しかし、無実を証明する方法がないのでクロレンス侯爵は焦っていました。

祝杯の酒が残っていれば、と思うのですが、ああいう席では少量準備するだけだし皇帝がすべて飲んでしまっていたのです。

 

リンデンが罪人たちが収容される百願の宮に監禁されていることを聞き、なぜあんなところにとため息をつくクロレンス侯爵。

そこへ貴族派が緊急会議を開きたいという知らせが届きました。

外科医エリーゼ122話の感想&次回123話の考察予想

どうしてそうなった!?という展開でした。

エル(クロレンス侯爵)たち皇帝派が言うように、リンデンに皇帝を毒殺する動機なんてまったくありませんから。

いくら皇帝派と貴族派で皇位争いをしているからと言って、皇帝はリンデンを跡取りにすると言っているのに!

 

状況的に見て皇帝に接したのはリンデンだけだから仕方ないの?

でも、皇帝が2杯目を要望しなかったらリンデンが飲んでたのでは?

 

まぁ、これも皇帝派と貴族派の勢力が同じくらいだから政治的な思惑でこうなってしまったのでしょう。

カギを握るのはやっぱりエリーゼの医師としての腕?

誰をも納得させられるような証拠を突きつける必要がありそうですね

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』122話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

婚約式でリンデンの注いだ祝杯の酒を口にした皇帝陛下が血を流して倒れてしまいました。急性心臓発作を起こしたのですが、その原因を究明しない限りリンデンの無実は証明されないような展開になってしまい・・・。

 

≫≫次回「外科医エリーゼ」123話はこちら