外科医エリーゼのネタバレ

漫画「外科医エリーゼ」は原作mini先生、漫画yuin先生の作品でピッコマで配信されています。

 

前回、医師資格試験に史上最高高得点で無事に合格したエリーゼ。

地球にいた頃の技術や方法で新たな治療方法をこの時代にも確立しそうです。

 

国中にも号外として試験結果を報じられ、先日のデイム受章したこともあり、ロンドの人々に人気や知名度が高まってきているのでした。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

 

今回は「外科医エリーゼ」41話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

外科医エリーゼ41話の見どころ・考察予想

エリーゼの試験合格でまた一つ大きな功績を残したエリーゼ。

クロレンス家も使用人含めたみんなで盛大にお祝いをします。

 

このことが市民にも大きく評価されることになりますが、陛下はどのように賭け対策をするのか気になります。

また、最後には大きな戦争が起きそうな様子に急展開です。

今回の話は大きな転機がありそうです!

外科医エリーゼ41話のネタバレ込みあらすじ

エリーゼが医師資格試験に歴代最高得点で首席で合格した報告を受けた陛下はどうしたらいいのか悩んでいました。

難易度をものすごく高く設定したにも関わらず、今回の結果に、改めてエリーゼの賢さに驚くばかり。

 

賭けの条件は、『皇后になるよりも、医者として、より価値のある仕事ができると証明する事』

まだそこまでは及んでいないはず…と考える陛下は、賭けはまだ終わっていないと思い直します。

 

エリーゼの成人式まで残り4か月。その間に何か業績を残したとしても大したことはできないだろうと予想しますが、ここ2か月のエリーゼの活躍は常人レベルのものばかりなので不安をぬぐい切れず複雑な表情を見せるロマノフ陛下でした。

エリーゼの合格祝いで盛り上がるクロレンス家

一方エリーゼ宅では、今回のエリーゼの合格のお祝いを盛大に開いていました。

父は嬉々として娘の合格に喜び、使用人を含め宴を開いていました。

 

皆でにぎわっている中、兄クリスがエリーゼに声をかけます。

昔から体が強くないのだから無理をして体調を崩さないかと心配をしているのです。

 

前世でのクリスは、エリーゼの悪行で一族の名誉を失墜させた過ちをもみ消すため、戦争に参戦し、そのまま帰らぬ人になってしまったのですが、今回は前世と状況が大きく違う為、戦争に参戦しなくて済むはず!と思い直します。

 

次に兄レンが声をかけに来ました。

何も取り柄がないと思っていたが合格とは大したものだ、と誉めてくれました。

 

レンは、ぎくしゃくしながらエリーゼに好きな食べ物は?と尋ねます。

突然の質問にきょとんとするエリーゼですが、レンは好きな公演は何か?趣味は何か?と次々に質問を続けます。

 

いつもと違うレンに、急にどうしたのか尋ねるエリーゼですが、レンは内心で”それは私が聞きたい…!!”と思っているのでした。

そうです。この質問はリンデン皇太子からの頼まれごとだったのです。

ロンドの人気者エリーゼ

今回の合格を喜ぶ使用人たちも、エリーゼの活躍をとても喜んでいました。

 

エリーゼは市民たちの間でも人気がある。次期皇太子妃になる人が病院で貧民のために働いているのは素晴らしいと言い、

一部で人気を得るためのショーではないかと噂する人もいるが、それも全部エリーゼの人気の高さゆえだと話しています。

 

それを聞いたエリーゼは、残り4か月で陛下との賭けに必ず勝たなければ!と改めて思い直します。

それから、毎日エリーゼは病院での仕事に張り切っていました。

 

一日、二日、一週間、二週間…と毎日忙しいけれど充実した日々を送っていました。

エリーゼは、病院の事だけに没頭していられることが楽しくてしょうがありません。

 

地球にいた頃の同僚に、患者を診ることがそんなに楽しい?仕事中毒じゃない?と言われたことをふと思い出します。

だけど、やっぱりこの仕事が好きなんだという事を改めて感じるエリーゼでした。

お城では不穏な話が…

一方、お城では、重役が集まり、ただならぬ雰囲気に包まれていました。

敵軍が40万人もの兵を連れて支配下になるのを防ごうとしているという情報に、どう対応するか作戦を立てているのです。

 

ロマノフ陛下は、共和国軍のニコラス総統がなぜそんな予想を超える大人数で対応してくるのか不思議でなりません。

それをリンデン皇太子は”おそらく危機感を感じているのでは”と予測します。

 

現在、クリミア半島にいる帝国の二軍団は優勢を保ち、エリーゼの指示のおかげでモンセル王国の介入もなく大きな被害を防げた上、伝染病も少ない被害で終わらせることができた。

 

このまま遠征が進めばクリミア半島はこちらのものになるのも時間の問題であり、相当な数の支援軍で対応しなければ勝ち目がないと考えているのではと推測しているのです。

 

真っ向勝負となりそうだな、とつぶやく陛下に、リンデン皇太子は、大きな戦争になりそうだとこれからの未来に何かを決意するような表情を見せるのでした。

外科医エリーゼ41話の感想&次回42話の考察予想

歴代最高得点という異例の結果で、医師資格試験に合格したエリーゼ。

また一つ大きな功績を残すことができたと思います。

 

エリーゼを祝うクロレンス家も、相変わらずエリーゼを溺愛していてホッとしたシーンでしたね。

ですが、レンにエリーゼの好きなものを聞き出すよう根回ししていたリンデンの行動の速さにはちょっと笑ってしまいました。

 

いずれ大きな戦争が起きると予想される終わり方でしたが、クリスの死など、前世と同じようになるのか変わってくるのか、新展開に注目していきたいと思います!

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』41話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

エリーゼの合格という喜ばしいシーンから一転、戦争という不穏な展開に終わった41話。

42話ではさらに戦争に向けて大きく動き出しそうです。

 

前世と同じように大きな戦争が起きるようですが、死者などは変わってくるのかそのままなのか注目です。

できれば、良い方向へ大きく変わっていてくれるといいですね。

 

≫≫次回「外科医エリーゼ」42話はこちら