外科医エリーゼのネタバレ

漫画外科医エリーゼは原作yuin先生、漫画mini先生の作品でピッコマで配信されています。

 

リンデンとエリーゼの婚約式で祝杯の酒を飲んだ直後皇帝が心臓発作で倒れてしまいました。酒に毒が盛られていたのでは!?と注いだリンデンが連行されてしまいます。ここぞとばかりに貴族派が動き出し・・・!

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

 

今回は「外科医エリーゼ」123話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

外科医エリーゼ123話の見どころ・考察予想

皇帝毒殺の嫌疑をかけられたリンデンは、犯罪者を幽閉する百願の宮に連れて行かれてしまいました。

その隙に貴族派の筆頭であるチャイルド公爵は、傘下の新聞社を使ってゴシップ記事を書かせリンデンを追い詰めます。

 

皇帝派のエル侯爵に貴族派からの緊急会議の要請が入り、今回の事件について話し合いが始まりました。

どちらも明確な証拠はないにしろ、皇帝の心臓発作の原因を究明しない限りリンデンの容疑は晴れません。

 

今の状況では、裁決権を持っているのはミハイル・・・。

皇帝派にとって頼みの綱はエリーゼですが、心臓発作の原因を明らかにすることはできずにいます。

追い詰められるエリーゼ!

外科医エリーゼ123話のネタバレ込みあらすじ

百願の宮に幽閉されてしまったリンデンを憂慮するエル侯爵の元へ、貴族派からの緊急会議の要請が入りました。

心臓発作の原因を明確にしないと・・・

会議が始まり、貴族派がさっそく議題を『陛下の毒殺陰謀事件』と称します。

 

エル侯爵は毒殺とはどういうことだ!?と異議を唱えますが、リンデンが注いだ祝杯を飲んだ直後に血を吐いて倒れた状況を考えれば、毒殺だと考えない方がおかしいとチャイルド公爵。

 

毒殺ではないと言う証拠はあるのかと聞いてきました。

 

エリーゼの所見では毒殺の可能性は低いと説明しますが、容疑者であるリンデンの婚約者という立場であるが故に偏った所見になるのは当然だと一蹴されてしまいます。

 

酒に毒が入っていたと言う証拠もないだろうとエル侯爵が反論しますが、状況証拠で十分だとチャイルド公爵も強気です。

 

しかしエル侯爵も負けていません。

ブリチア帝国の皇帝陛下が倒れたと言う重大事件を単純に状況証拠だけで判断できないと言い返しました。

この意見に貴族派も黙ってしまいます。

 

このまま黙っていればリンデン皇太子は失脚してしまう・・・とエル侯爵も必死です。

帝国法を持ち出して、皇太子を罪に問うのであれば明確な証拠が必要だと声を荒げました。

 

そのときミハイルが「待て」と口を開き、今の段階で最高司法権を持っているのは、残された唯一の皇子である自分だから、この事件は自分が判決すると言います。

 

苦々しい顔をする皇帝派を前にして、どちらの意見も間違っていないから今ここで判決を下すのは難しいと・・・。

 

唖然とするエル侯爵。

しかし、ミハイルは皇帝の治療中に他に明確な原因が明らかにならない場合はリンデンを罪に問うと宣言しました。

 

貴族派たちが退室して、残された皇帝派の貴族たちは頭を抱えます。

心臓発作の原因なんて、エリーゼに頼るしか道はないのですから・・・。

八方ふさがりのエリーゼ

その頃エリーゼは皇帝の治療に専念していました。

一命はとりとめたもののいつどうなってもおかしくない状態です。

 

何としても皇帝の命を助けて心臓発作の原因を突き止めなければ、と根を詰めて睡眠をとっていないエリーゼはめまいと頭痛でふらふらです。

 

毒物の可能性は低いことまではわかったけれど、肺と心臓のレントゲンからも異常が見つからずに八方ふさがりでした。

 

そんなエリーゼを見かねたグレアム医師が休むように言います。

心労も合わさって冷静な判断ができなくなってると指摘し、リンデンに会いに行ってはどうかと提案しました。

きっと待っていると・・・。

外科医エリーゼ123話の感想&次回124話の考察予想

貴族派が皇帝を暗殺しようとしたわけではないようです。

本当に心臓発作?

 

確かに、通常祝杯は皇帝が飲んだ後リンデンが飲むはずですから、二人とも倒れてしまったら真っ先にミハイルが疑われますからね。

 

それにしても、状況証拠でっていってもリンデンを容疑者にするのは無理があるような気がします。

まず理由がない!だって皇太子として次期皇帝が約束されているのだから。

 

どうやっても疑わしいのはミハイルでしょう。

 

まぁ、とにかく今の状況ではリンデンと皇帝派が劣勢です。

皇帝が倒れたのは毒のせいではなく病気によるものだと証明しなければリンデンは廃位、皇帝派は権力を失ってしまうと言うこと。

 

医師としてのエリーゼに全てがかかっていることは間違いありません。

今後、どんな展開が待っているのでしょう。

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』123話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

リンデンは皇帝毒殺の容疑で幽閉されてしまいました。緊急会議では貴族派が皇帝派を追い詰めます。リンデンの無実を証明するためには、心臓発作の原因を究明しなければなりませんが、レントゲンでもわかりません。エリーゼは追い詰められ・・・。

 

≫≫次回「外科医エリーゼ」124話はこちら