外科医エリーゼのネタバレ

漫画「外科医エリーゼ」は原作mini先生、漫画yuin先生の作品でピッコマで配信されています。

疫病の原因と病名を発見したエリーゼ。これで20年前のような大流行は防げるはずと対策を思いつきます。

 

しかし、戦争へ出兵することになったクリスですが、前世で戦争へ出兵したため亡くなってしまいます。

今回の出兵をどうしてもそれを食い止めたいエリーゼはある方法を思いつくのでした。

 

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

 

今回は「外科医エリーゼ」45話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

外科医エリーゼ45話の見どころ・考察予想

今回の伝染病の原因と解決策を見つけたエリーゼ。

解決する事と引き換えにいくつかの条件を出します。

 

リンデン皇太子との婚約解消をお願いするのかと思いきや、婚約は解消せず皇太子妃になるというエリーゼ。

その代わりにあるお願いを聞いてほしいというものでした。

そのお願いとはある人を守るためのものでした。

 

ある人を守るため医者になる事を諦めようと悲しんでいたエリーゼの元に現れたのは…?

外科医エリーゼ45話のネタバレ込みあらすじ

エリーゼは今回の伝染病の原因や対策を報告にお城へ向かいます。

 

陛下より、策があるというのは本当か?と尋ねられますが、内心では、ここ数か月で医学界を揺るがしたエリーゼの意見ならば間違いないと信用していました。

 

エリーゼは今回の伝染病について、まず毒気が原因ではない事を伝えます。

原因は『コレラ』で、下痢や嘔吐をひどく起こしてしまう疫病で、東方のヒンディーに訪れた事のある商人達の記録や見聞録に何度も発病したことが記されていることから判断できると伝えます。

 

解決策は何かと陛下が尋ねると、エリーゼは”もし私に任せてもらえるのなら3日以内にこの問題解決すると言いました。

3日という短期間という事に驚いた陛下ですが、エリーゼは3日以内に解決しなければならないと言いました。

 

それ以上遅れたら死亡者が急速に増えていくはず…とエリーゼは考えているのです。

現状、特に他の策もない状況から、陛下はエリーゼに任せることにしました。

伝染病の解決するために出した条件とは

エリーゼは続けます。

3日以内にこの問題を解決すれば賭けの条件を満たしたと考えても良いかと尋ねます。

 

陛下は、残念に思いながらも、この問題を解決するという事はとても大きな功績で認めざるを得ないと納得し、解決すればエリーゼの勝利だ、皇太子との婚約はなかったことにすると断言しました。

 

ですが、エリーゼは、意外な言葉を続けます。

伝染病を解決したとしても皇太子殿下と婚約し、皇太子妃になるというのです。

驚く陛下ですが、代わりに勝った褒美としていくつかの条件と一つのお願いがあると言いました。

 

その条件とは、

・婚約式をクリミア戦争が終わった後に先延ばしにしてもらいたい

・皇太子殿下が自分との結婚を望んでいないのなら殿下の意見を尊重してほしい

 

どちらも問題ないと判断した陛下は承諾します。

最後のお願いは問題が解決した後で

お願いとは何かと尋ねると、伝染病が解決した後に話すというエリーゼ。

陛下もあと3日という事で特に深く内容を聞くことはありませんでした。

 

エリーゼは、一つだけワガママとして、お願いを陛下に伝える時、その願いが帝国の意に反していなければ聞いてくれると先に約束して欲しいと言います。

 

最後の願いは一切帝国に被害を与えず、逆に大きな利益になるものだから、望みを承諾すると約束して欲しいと言いました。

陛下は、自分の名に懸けて約束することを約束してくれました。

 

陛下はエリーゼに、今回の件は皇太子に任せているから少し休んだら皇太子の所へ行くように言いました。

医者を諦めることはやっぱりツライ

エリーゼは一人でリンデン皇太子の元に向かう途中、これでクリスを助けることができると少し安心しました。

お願いとは自分が皇太子妃になる事になる事と引き換えにクリスの出兵を中止する事だったのです。

 

皇太子妃になる事で、医者としての人生を諦めることになるがクリスを助けることができる、と思うエリーゼですが、前世の時のように冷たい皇太子と結婚し、あの時のような悲劇が起こるかもしれないという心配と、医者を諦めるという事実が辛くなり、その場で泣き出してしまいました。

 

その時頭に浮かんだのはロンの笑顔。ロンに会いたいと思うエリーゼに、ロンと同じ声の男性が声をかけます。

エリーゼは嬉しくなり涙を拭き振り返ります。

 

ですが、そこに立っていたのはロンではなくリンデンだったのでした。

外科医エリーゼ45話の感想&次回46話の考察予想

前世のようにクリスの戦死の可能性を防ぐため、今回の出兵を取りやめてもらうように考えるエリーゼ。

代わりに、自分の夢だった医者になる事を諦めるのでした。

 

クリスを助けるためとはいえ、悲しみに伏せるエリーゼの元へ訪れたリンデン。

次回では、二人の関係が進展しそうな予感がします♪

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』45話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

医者を諦めるという事で泣き伏せっているエリーゼを見て、きっとリンデンは気になって仕方がないでしょう。

 

エリーゼの中では前世のリンデンが印象強く残っているので、今のリンデンは違うよ~って教えてあげたいです。

ロンの姿ではなく、リンデンとして接するようになり二人の間がどのように変化していくのか注目です。

 

≫≫次回「外科医エリーゼ」46話はこちら