怪物公爵と契約公女ネタバレ

漫画「怪物公爵と契約公女」は原作MinJakk先生、漫画Liaran先生の作品でピッコマで配信されています。

 

地獄のようなスペラード侯爵家から逃れるため、次女のレスリーは最強と謂われる怪物一家、サルバトール公爵家に養女にしてもらえるよう交渉しました。

貴族裁判を経て無事にサルバトール公爵家の公女となったレスリーにはスペラード侯爵には貰えなかった祝福の名前も貰えて幸せを掴み取ることが出来たのです。

 

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「怪物公爵と契約公女」42話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

怪物公爵と契約公女タイトル名42話の見どころ・考察予想

黒幕たちのお茶会

勝訴とレスリーに与えられた祝福の名に幸せを感じている一方、この裁判で様々な影響を与えているようです。

 

お茶を静かに飲むマディア太后と同じ席に着いていたのは、裁判でスペラード侯爵家の証言を支援するために呼ばれた高位司祭デビエンでした。

 

マディア太后は、サルバトール公爵家に少なからず打撃を与えようと考え裁判でもスペラード侯爵に力を貸していました。

ところが、裁判は惨敗。

彼女はここまで使えないとは、と呆れるのみで、二度と彼女がスペラード侯爵を支援することはもうないでしょう。

 

それよりも、マディア太后の興味はなぜ貴族裁判をしてまでサルバトール公爵がレスリーを養女にしたのか、という部分であり、それを調べるよう、新たに指示をするのでした。

コンラッド卿の感情と興奮冷めやらないレスリー

アイテラ大公は、王家の血を引くコンラッド卿が結果的にサルバトール公爵家を支援してしまったことに対し怒りを露にし、彼を叩きます。

 

元々自身が持つ貿易船が沈んでしまったことにより機嫌が悪かったことも大きく響いているようでした。

 

𠮟責を受ける覚悟、機嫌が悪い事なども承知していたコンラッド卿は淡々と間違ったことをしていないと答えて席を外します。

 

そんな彼に近寄ってきたのは小さな少年でした。

 

コンラッド卿の頬を心配する弟であるフリートを慰めているうちに、フリートとレスリーの姿が重なって見えました。

そこで、彼がなぜあそこまでレスリーを守ろうと思ったのかを悟ったのです。

 

サルバトール公爵家の使用人たちにお祝いの言葉を貰ったレスリーは、裁判の勝利、祝福の名を貰えたことなど嬉しいことが沢山あって眠れずにいました。

 

ふと、義父となったサイレーンが叔父から預かってくれた手紙を見つけ、手に取ります。

気になったレスリーは、電気をつけて手紙に目を通し始めました。

 

レスリーが無事サルバトール公爵家の養女となり、一つの山場を越えましたが、まだまだその先には難関がありそうですね。

 

マディア太后も手ごわい相手のようですし、裁判後に出てくるようになった候補試験という物も気になりますね。

怪物公爵と契約公女42話のネタバレ込みあらすじ

サルバトール家の幸せなひと時とサルバトール公爵からのお願い

レスリーの叔父から届いた手紙は、彼の昔の境遇と、同じ立場なのに抜け出す勇気を持てたレスリーへの尊敬の念と、幸せになって欲しいという暖かい言葉でした。

 

自分と同じ体験をしてきた人がいる、そんな人が自分を応援してくれることにレスリーは涙を流すのでした。

 

翌朝、レスリーに嬉しい報告が届きました。

サルバトール家の家紋書レスリーの名を付け加えたということです。

 

お祝いとしてレスリーの好きな料理がズラリと並び、家族の誰もがレスリーに隣に座るように揉めたりと、昨日に引き続き幸せな時間を過ごしました。

 

そして、執事のシーナがレスリーがこれから使う事になる部屋を幾つも案内してくれました。

沢山の本が用意された部屋、そして最後に、星を眺める時に使う部屋を紹介されます。

 

正式な用途は決まっていないという部屋をレスリーの好きに使っていい、とのことですが、レスリーはどう使ってよいのか分かりません。

 

シーナが決めて欲しいと頼みますが、シーナは焦らずゆっくり自分で好きな家具や用途を決めていきましょう、とこれからのことを考えるように促してくれたのです。

 

一方、サルバトール公爵はレスリーの元姉であるエリーと皇子の婚約が破棄されていないことに疑念を抱きます。

しかし、理解する必要はないと、丁度やって来たレスリーと話をすることにしました。

 

かつて、レスリーが持ちかけた契約は、自分が18歳になったらここを去るということ、今自分がいるのは契約だからだということを思い出しました。

 

すっかり忘れていた事に落ち込むレスリーは、契約は変えられないのかと心が揺らぎます。

 

しかし、そんなレスリーにサルバトール公爵が頼みたかったことは、レスリーが考えていたようなものではありませんでした。

 

祝福の日に、サルバトール公爵の娘として神殿に入ること。

 

それが、サルバトール公爵の頼み事でした。

怪物公爵と契約公女42話の感想&次回43話の考察予想

公女としてスタートしたレスリー

叔父からの手紙は、同じ傷を持ち、けれど勇気を出せたレスリーの幸せを願う優しい手紙でした。

 

そして、やっとサルバトール家に名前が書き加えられたレスリー。

レスリーが使うお部屋の中には何もない部屋も。

執事のシーナに決めて欲しいというレスリーにシーナがゆっくり決めていこうと提案したのはきっと、公女としての判断などが成長できたらという意図かな、と思います。

 

サルバトール公爵との契約内容を改めて思い出したレスリーですが、サルバトール公爵は恐らく18歳になったら契約を解除というような気持ちは無いように感じます。

 

祝福の日にサルバトール公爵の娘として入る、ということがどういう事なのか。

エリーと皇子の婚約が解消されていない事。

これからレスリーには公女として沢山の試練もありそうですね。

今後の展開がとっても楽しみです!

まとめ

今回は漫画『怪物公爵と契約公女』42話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

無事にサルバトール家に名前を連ねることが出来たレスリーに、新しい数々の部屋が送られました。

そして、サルバトール公爵からとある頼み事をされました。

 

≫≫『怪物公爵と契約公女』の他の話数ネタバレはこちら