悪女は変化するネタバレ&感想

漫画悪女は変化するは原作NUNOIZ先生、漫画希羅月(Comicloft)先生の作品でピッコマで配信されています。

 

冬の土地でアルンデルの神殿に立ち寄ったエルザ達。そこでクロッカス家の血統にアルンデルの魔法が受け継がれている事実が明らかになりました。

自分の赤い髪はその証拠なのだと呟くエルザ。強力な魔法のせいで時間軸もずれている冬の土地は急速に夜へと向かい、一行はウィンターナイトの旧邸宅へと急ぐのでした。

≫≫『悪女は変化する』の他の話数ネタバレはこちら

 

今回は「悪女は変化する」38話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

悪女は変化する38話の見どころ・考察予想

アルンデルの神殿を後にした冬の遠征軍一行は、ウィンターナイトの旧邸宅に宿泊することに。

そこは魔法で必要なものはすべて揃えられていて、快適に過ごすことができるのでした。

 

魔法で用意されたと思えない食事に驚くエルザ。

お腹が空いているのですが、わが身に流れているアルンデルの魔法の秘密を知って戸惑ってもいます。

そんなエルザにレンは自分の愛する妻であることに変わりはないと言うのでした。

 

その頃、旧アルンデル公爵邸では異変が!

新しい主を名乗る赤髪の少年がやってきたことによって、エルザ達の身にも脅威が襲い掛かって来ようとしているのでした。

悪女は変化する38話のネタバレ込みあらすじ

ウィンターナイトの旧邸宅に着いたエルザ達。

整えられた室内、用意された食事にエリーナは驚いています。

 

全て魔法だと聞き、エルザ様に報告しなきゃ!と行こうとするエリーナを、新婚なんだから無粋なことはするなと騎士たちが止めました。

 

二人だけの時間を邪魔するなと言われ、チェッと舌打ちするエリーナ・・・。

嵐の前の静けさ、レンとエルザの静かな時間

レンとエルザは二人でテーブルを囲んでいます。

魔法で用意された食事でも、味も食感も全く違和感がないとエルザが驚いていると、レンも最初は僕も信じられなかったけれど、食べてみて何の問題もなかったからたくさん食べてくださいと言いました。

 

お腹が空いていたと言う割には食事が進まず、何か心ここにあらずのエルザに、食事が口にあわないのかとレンが心配して尋ねますが、他のことを考えていただけだと答えるエルザ。

 

そろそろ部屋に戻ろうと言うと、早めに休んだ方が良いとレンも頷きました。

 

ベッドに入っても中々寝付けない様子のエルザに、何か悩んでいるのかとレンが聞きます。

エルザは正直に、神殿でのことを考えていたと伝えました。

 

クロッカス家にあんな秘密が隠されていたなんて夢にも思わなかったから戸惑っていると打ち明けます。

レンはエルザの戸惑う気持ちは理解するけれど、自分の妻で愛する人であることには変わりないと真っ直ぐ見据えて言いました。

 

エルザは急にドキドキしてきて、レンと向き合っていた体を離し仰向けになってもう寝ないと!と布団を引き上げます。

レンも意識し始めて、そうですね、とやっぱり仰向けに。

 

並んで天井を向いているレンとエルザ。

エルザは、お互いの気持ちを確かめ合ってから夜はいつも緊張する・・・と顔を赤くしているのでした。

新たなアルンデルの主「ヘル」

その頃冬の土地に新しいアルンデルの主と思われる赤髪の少年がやってきていました。

封印のせいで力が弱まっていて歩くのもやっとの様子です。

 

とある屋敷に入って行った少年。

そこには「何か」を保存しているように液体で満たされた大きな瓶がいくつも並んでいました。

 

ツカツカと歩み寄る少年に、影が出ていけと連呼します。

ここは我々の領域だ、という声と共にウィンターナイトへの憎悪も聞こえました。

 

少年は影たちを黙れと一喝し、力を発揮します。

少年の力を感じた影たちは、その力を欲しますが、少年は不敵笑うと「俺はヘル。アルンデルの栄光を取り返す者」と言って瓶を魔法で粉々に割りました。

その中からは人が・・・。

 

その中の一人に向かって、先代のアルンデル、と語りかけます。

もう二度目を開けることはないのだ、新しい主のために血と肉を捧げるのだ・・・と。

 

影たちが悲鳴を上げる中、彼らは今日偉大なる復讐のための生贄になるだろう!とクックッと笑うのでした。

 

エルザがハッと目を覚ましました。

心配するレンに夢を見ていたとエルザが言うと、悪い夢だったようですねと声をかけますが、そのとき二人とも異変に気付きます。

 

窓の外を見ると騎士たちが得体のしれない黒い影と闘っていました。

エリーナたちも駆けつけます。

奴らだ!早く剣を抜け!と言われ、エリーナはお前達は何者だ!と剣をかざしました。

悪女は変化する38話の感想&次回39話の考察予想

一見冷静を装っているエルザですが、自分の中に流れるアルンデルの魔力が先祖から刻まれていることを知って心中穏やかではいられません。

 

その力の怖さも知ってしまったので尚更です。

レンの言葉は心強かったと思います。

 

相思相愛だとわかってから、やっぱり意識してしまうのでしょう。

特に二人きりになる静かな夜は・・・。

新婚夫婦らしくなってきました!

 

赤髪の少年は、アルンデルの新しい主であることは間違いないのですが、完全に魔法が復活するためには冬の土地に来る必要があったみたいですね。

 

ウィンターナイトの旧邸宅を襲ってきたのはアルンデルの信奉者の影?悪霊?だろうと思いますが、このくらいの雑魚は呆気なく倒してしまうのでしょうね。

まとめ

今回は漫画『悪女は変化する』38話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

エルザは自分の中にアルンデルの魔力があることの原因を知り複雑な気持ちになります。

本格的に冬を切り取る作業に入る前に旧ウィンターナイト邸で宿泊した一行はしばしの休息をとりますが、その夜アルンデルの信奉者たちの影が屋敷を襲い・・・。

≫≫『悪女は変化する』の他の話数ネタバレはこちら