外科医エリーゼのネタバレ

漫画「外科医エリーゼ」は原作mini先生、漫画yuin先生の作品でピッコマで配信されています。

 

皇太子妃になる事を条件にクリスの戦場への出兵を止めようとするエリーゼだったのですが、もう医者になる事はできないという悲しみから涙があふれてくるのでした。

 

泣き崩れるエリーゼを見つけたリンデンは心配して声をかけますが、ロンと同じ声のリンデンにエリーゼは驚きを隠せないのでした。

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

 

今回は「外科医エリーゼ」46話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

外科医エリーゼ46話の見どころ・考察予想

伝染病の原因はコレラだったという事が判明し、エリーゼを中心にいよいよ具体的に対策が始まります。

ですが、幼い少女のいう事など信じられないという態度の医師団にリンデンが喝を入れ、一気に対策が進み始めるのでした。

 

発生源となる地区を限定し、いよいよ現地調査に向かおうとするエリーゼに、危険だと心配するリンデンがとった行動とは…?

外科医エリーゼ46話のネタバレ込みあらすじ

ロンだと思って振り向いた先に立っていたのはリンデン皇太子。

エリーゼは、ロン=リンデンとはまだ気づかず、ロンとリンデンを間違ってしまったことに動揺しながらも、慌ててリンデンへ挨拶をしました。

 

リンデンは無言でエリーゼの事を見つめ、何かあったのかと尋ねました。

泣いているエリーゼを見て心配していたのです。

 

エリーゼは何事もないように振る舞い、リンデンに隙を見せないようにします。

ロンの時の姿とは違うエリーゼの壁があるような対応に寂しさを感じながらもそれ以上追及することはできないのでした。

エリーゼに反抗的な公衆保健部

エリーゼとリンデンはお城に集まっている対策本部の元へ訪れました。

まだ幼い少女を見て、先日デイムを受章したクロレンス姫だとは誰も気づきません。

 

そこへ、ベンが”クロレンス姫も対策本部に入られたのなら心強い”と声をかけるのを見て、周囲の人々は、この少女があのクロレンス姫だと知り驚きます。

 

リンデンは、公衆保健部部長のガーリックに、エリーゼが伝染病を解決してくれるという事なので、総動員で彼女を支援するように伝えます。解決という言葉に驚く一同は、どのように対策するのか問い詰めました。

 

毒気を完全に除去しないと伝染病を防ぐことはできないのに、というガーリックにエリーゼは答えます。

この伝染病は空気によるものではない。食べ物、その中でも水によるものだ、と。

 

その意見を聞いたベン達もそのような文献を見たことがあると話しますが、ガーリックは”根拠のない話で何を言っているのかさっぱりわからない”と否定しました。

 

エリーゼは、自分が必ず証明して見せると断言します。

リンデンの皇太子としてのカリスマ性

そのためにまず、ロンド市内が詳しく書かれた縮尺図と50名のサポートを準備して欲しい。そうすれば2日後には伝染病が少しずつ収まっていくというのです。

 

ガーリックはただでさえ人手が足りないのにそんな根拠のないことで人を動かせないと反論しようとしたその時、リンデンが言い放ちました。

 

つべこべ言ってないで支援をしろ。これは命令だ。

 

それでも納得できないガーリックは反論しようとしますが、リンデンはさらに厳しく続けます。

公衆保健部は今までいったい何をしてきたのか。近衛兵を総動員し空気は正常に戻ったが、感染者は増える一方だ。

そちらの説が正しければそろそろ治まってもいい頃ではないのか、と冷たく言い放つのです。

 

リンデンは、ここで今話していても何もならない。可能性が少しでもあるなら行動に移せと強く言うのでした。

何も言い返すことができないガーリック達は不満に思いながらも言われたとおりに動き出すのでした。

 

エリーゼは、まず縮尺図に伝染病を患った患者たちの居住地を確認し地図に記入するよう言います。

早速たくさんの調査員たちが現地へ行き詳細を調べに行き調査が終了しました。

現地調査に行こうとするエリーゼ

現在分かっている総患者数は1237人、そのうち死亡者は345人。

エリーゼはその患者が住んでいる場所を地図に✖印で次々と記入していきます。

 

患者は、ブロード街、クロイドン地区、クロムウェル地区に密集していることに気づいたエリーゼは、ガーリックに他の地区で発生した患者たちが、最近この3つの場所へ行ったかどうか確認をしてほしいと頼みました。

 

ガーリックは、内心不満に思いながらも確認し、訪れたことがあるという事実を報告しました。

エリーゼは、やはり3つの場所のどこかに原因があると判断し共通点を探します。

 

あとは直接現場を見て原因を探ろうとするエリーゼ。

一人で現場へ向かおうとするエリーゼに、リンデンは他の人に行かせればいいというのですが、エリーゼは、原因を探るには現地調査が何よりも重要だから自分で行くと言います。

 

私が行ってはいけない理由があるのかと尋ねるエリーゼに、エリーゼの事が心配だからと言う事もできず、リンデンは言葉を詰まらせてしまうのでした。

外科医エリーゼ46話の感想&次回47話の考察予想

今回エリーゼに対し、反論的な態度を示す医師団たちに、皇太子としての威厳で厳しく指示をしていくリンデン。

さすが皇太子というリーダーシップあふれる態度に高感度アップでした。

 

エリーゼも的確な状況把握からの判断や対応はさすがとしか言いようがなく、トップの才能あふれる二人の活躍がとても頼もしく思えた今回の話でしたね!

 

現地へ向かうというエリーゼに何かあったらと心配するリンデンなので、エリーゼと一緒に現地調査へ向かいそうですね♪

二人で行動することでエリーゼのリンデンへの気持ちが変化していくといいなと思います。

まとめ

今回は漫画『外科医エリーゼ』46話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

将来の陛下、皇后陛下として国を担っていく二人のリーダー性をすごく感じた今回の話でした。

あとは二人の気持ちが上手く結ばれれば最強の長になると思います。

 

これから、お互い強くひかれあっていく予感がするので、ドキドキしながら読み進めていきたいと思います。

≫≫次回「外科医エリーゼ」47話はこちら