私を捨ててくださいネタバレ

漫画私を捨ててくださいは原作JAEUNHYANG先生、漫画chero先生の作品でピッコマで配信されています。

 

10年ぶりに会ったジンに連れて行かれたのは情報ギルドの上階にある執務室。

カレナは予想以上だったものの、自分の勘はあっていたとホッとします。

そこで、10年前自分を売り飛ばしたのは当時の孤児仲間だと告白すると、ジンからはその二人がアデルは死んだと言った張本人だと聞かされるのでした。

≫≫前話をご覧になっていない方はこちら

 

今回は「私を捨ててください」30話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

私を捨ててください30話の見どころ・考察予想

ジンはカレナに本当に売り飛ばしたのはカールとジャックなのかと聞きますが、当時の状況を説明し間違いないと答えました。

ところが、その二人はつい最近死んだと聞かされるカレナ。

 

ジンが中座し戻ってくると、どう過ごしてきたのか聞いてきました。

公爵家のことはまだ言えないと思ったカレナはどうにか誤魔化します。

 

ジンに訪ねてきた用件を聞かれ、危険な仕事だけれど力を貸して欲しいとだけカレナは告げました。

 

危険なことはやめろと言われますが、信頼できるパートナーもいるし、何より自分の人生を切り開くためだと言うカレナに話は聞くと約束するのでした。

ただし、パートナーも一緒に会うと・・・。

私を捨ててください30話のネタバレ込みあらすじ

カレナのためにお茶とケーキスタンドに盛られたたくさんのお菓子が運ばれて来ました。

そして、改めてジンがカレナに詳しい話を聞かせてくれと言いました。

あいつらがおまえを売ったというのは確かなのか?・・・と。

ジンは忙しい・・・だけ?呑気なカレナ

カレナは当時のことを話し始めます。

 

カールとジャックは当時ずっとアデル(カレナ)を見張っていて、連れ去られる時その場にいたしお金を受け取るところも見たと言いました。

 

何より、連れ去られる時私を嘲笑っていた表情が忘れられない、とカレナ。

あいつらはまだ生きているかと聞くと、ジンはしばし黙り込みますがつい最近死んだと答えました。

 

きょとんとして何で?と聞くと、きっと恨みを買ったんだろうとカレナをチラとジンは見て、ぐちゃぐちゃになった状態で発見されたというのでした。

 

突然ジンが急用を思い出したと言って席を立ちました。

すぐ戻ると言われ、忙しいのだろうと素直に従うカレナ。

それよりも、自分のことを覚えていてこうして歓迎してくれることが意外だと思うのでした。

 

しばらくして戻ってきたジンが、ケーキの皿が空になっていることに気づき、「茶菓子を持ってこい」と命じますが、人の気配がないので誰に言っているのだろうとカレナが訝しんでいると、かしこまりましたとすぐ近くに黒頭巾を被った男が!

 

いつから・・・!?驚くカレナ。

こういう人がジンに仕えているのかと思うと、この十数年の間に何があったのだろうかと想像もつきません。

 

ただ、ジンは子供の頃からずば抜けていたことはカレナは知っているのですが・・・。

ここはお前の家も同然・・・ジンの真意は?

ジンが今までどう過ごしてきたのかカレナに聞いてきました。

公爵家のことは言えないので、カレナは特に何も、と言葉を濁します。

 

ただ、元気に暮らしているとだけ言いました。

しかし、ジンはそういう割にはすごく疲れた顔だと見透かしたように言います。

 

そんなことないと否定して、日が暮れる前に帰らないといけないと告げました。

するとどこへ帰るんだと聞かれ、どこって・・・私の家よ、としどろもどろにカレナは答えます。

 

ジンは何か言いたそうですが、わかったと言い、訪ねてきた用件を聞きました。

 

情報ギルドの力を借りたいとカレナが切り出します。

本当は人を紹介してもらうつもりだったのですが、今のジンであればその必要はないと思ったのです。

 

かなり危険な仕事だけど力を貸してもらえるかと言うと、どのくらい危険なのかとジンが聞き返しました。

カレナは正直に命が脅かされる可能性もあるし、このギルドが危険に晒されるかもしれないと告げます。

 

反逆に近い、と口にするカレナにそんな危険なことはやめろと言うジン。

もう心に決めたことだしパートナーもいると言うカレナに、ジンはパートナーが巻き込んだのかと聞きました。

 

カレナはこれは自分の人生を切り開くために自ら望んだことだと真っ直ぐ目を見据えて語りかけます。

 

諦めたように、詳しい話はパートナーと一緒に会ったときにと小さくため息をつくジン。

ひとまず話が進みそうだとカレナはジンに感謝しました。

 

送って行くと言うジンに一人で帰れると言ってカレナは帰り支度を始めます。

そんなカレナに、ジンはここはお前の家も同然だからいつでも来いと言いました。

 

どういう意味?と聞くと、本来ならお前の家になっていたはずだとカレナの髪を一房とり、お前が生きていると知っていたら俺は・・・と言いかけますが、カレナがきょとんとした顔をしているので何でもない、と誤魔化すジン。

 

逃げたいときや休みたいときはここへ来い、とだけ伝えます。

 

すると一足遅かったねとカレナが含み笑いをしました。

ヘクシオンに同じことを言われたことを思い出しているのです。

 

でもありがとうとお礼を言って、会えてよかったと笑うカレナ。

ジンも「ああ」と答えますがその顔には複雑な表情を浮かべているのでした。

私を捨ててください30話の感想&次回31話の考察予想

ジンは想像以上に力もあるし闇も深そうです。

カールとジャック、本当に「つい最近」死んだのでしょうか?

裏社会の人間って感じがプンプンです。

 

でも、きっとアデルのことはずっと想っていたのでしょう。

妹的な感覚?

 

でも、アデル(カレナ)はまだほんの子供だったから、いざとなったとき必ず助けてくれる頼れるお兄さんって感じです。

 

ところで、ヘクシオンとはどこで会えるの?って思っちゃいました。

監視が付いているからまさか情報ギルドまでは来られないでしょうし・・・。

まとめ

今回は漫画『私を捨ててください』30話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

ジンに改めてアデルを売ったのはカールとジャックかと聞かれ、当時のことを話したカレナ。

しかしその二人はすでに死んでいると聞かされます。

アデルはどう過ごしていたかと聞かれ、公爵家のことはまだ言えないと誤魔化すカレナ。

ジンに会いに来た用件を聞かれ、危険な仕事だけど力を貸して欲しいと頼みます。

パートナーがいること、これは自分の人生を切り開くために決めたことだと言うカレナに、ジンはパートナーと一緒に話を聞こうと言うのでした。

 

≫≫次回「私を捨ててください」31話はこちら