悪党のお父様、私と結婚してください♡ネタバレ

漫画悪党のお父様、私と結婚してください原作Sakaru 先生、漫画via先生の作品でピッコマで配信されています。

今回は「悪党のお父様、私と結婚してください」31話を読んだので、見どころやネタバレ込みあらすじ、考察予想や読んだ感想をご紹介します。

 

ディエリゴの書斎でお茶をしながら会話をするエレニカです。

そこで陛下との噂を耳にします。

 

良い噂と聞いてエレニカは喜びました。

エレニカは、陛下とうまくいくかディエリゴに聞きます。

 

陛下のそばに居たいエレニカは、ディエリゴに陛下との仲を取り持ってくれるように頼むのです。

 

≫≫『悪党のお父様、私と結婚してください』の他の話数ネタバレはこちら

悪党のお父様、私と結婚してください31話の見どころ・考察予想

ディエリゴから見た陛下の想い、それを聞いたエレニカはどう思う?

ディエリゴに陛下との恋のキューピッドを頼むエレニカですが、ディエリゴは引き受けてくれるのでしょうか。

きっと快く引き受けてくれますよね!

 

陛下はエレニカのことをどのような存在に思っているのでしょうか。

今回はそれが少しわかるかも知れません。

 

そしてディエリゴとの話を終え、1人で祈祷室へと向かうエレニカは何者かに呼び止められます。

声の正体はおばけ?それとも…?

悪党のお父様、私と結婚してください31話のネタバレ込みあらすじ

陛下にとってエレニカは安心できる存在?1人祈祷室に向かうエレニカ

エレニカの命を掛けた大切な問題だということはディエリゴは知っているはずです。

もちろんエレニカだけでなく陛下の命にも関わります。

 

切実なお願いをするエレニカを見て、ディエリゴは協力することを約束してくれました。

エレニカはディエリゴのことを恋のキューピッドとして、同盟を結ぶ記念に強く握手をします。

 

しかし陛下がエレニカのことを大事に思っていることを知っているので自分の出る幕はないと言うディエリゴです。

エレニカは自分が人質の身でも一応王族ではあるからだと話しますが、ディエリゴはそれだけではないはずと笑顔で答えます。

 

エレニカは何を根拠に陛下が大切にしていると言っているのかわかりません。

ディエリゴは、陛下が以前バウンダリーについて話をしたことを覚えているかと聞きます。

 

バウンダリーがはっきりしていることについて、エレニカはそれとなくわかっていました。

その理由は、優しい普段のイメージとは違って大切なところはガードをするところです。

 

統治者としては素晴らしい人なので周りから慕われているのですが、人間関係に警戒をしているところがあります。

10年も側にいるディエリゴでさえ警戒されそうなのです。

 

陛下は今やたった1人の皇族ですので意図せず色々な問題が付きまといます。

優しいのは、常に側にある問題に慣れているからだと思っているディエリゴです。

 

なので陛下にはエレニカのような人が必要だと言います。

エレニカの与える安心感や居心地が、陛下の心を尖らせる必要をなくすのではないでしょうか。

 

エレニカは今のままでいてほしいとディエリゴは伝えます。

その言葉にエレニカは自分がそんな存在とは思えません。

 

ディエリゴは話を戻し、とにかく一日楽しめたのなら何よりと言います。

初めての皇城外に楽しかったと答えるエレニカです。

 

色々な話をした後、ディエリゴは午後の祈りのため席を立ちます。

少し疲れたエレニカはこの場で休ませてもらうことにしました。

 

ディエリゴは、ラウルス様に祈るところを見てもらえるよう後で一般用の祈祷室に来るようにエレニカを誘い、部屋を出ます。

窓へ顔を向け、夕方の風景を眺めるエレニカです。

 

お父様と別れてから数時間なのに物足りなさを感じます。

手を見つめ、お父様の手の温かさが恋しいからなのかと自分に問いました。

 

そしてディエリゴの陛下にとってエレニカのような存在が必要だと言う言葉を思い出します。

本当に自分を信用してくれているのかと心配になるエレニカです。

 

結論の出ないままお父様の帰りを待つエレニカはウトウトし、そのまま眠りにつきます。

 

地上と空の境界であるユーデタでは、赤い目を持つ銀色の長髪の何者かが地上を覗いていました。

とても小さく弱い特異な存在が自身の神殿にいることに疑問を持っています。

 

面白くなりそうだと期待をしている様子です。

 

その頃エレニカは目を冷ますと辺りは暗くなっていました。

時刻は午後8時を差しています。

 

ディエリゴが退出してからまだ1時間半程度なのでまだ祈りの最中かもしれません。

祈りが終わるまで30分です。

 

30分待つか祈祷室に行くかの2択で、エレニカは祈祷室に行くことを選ぶことにしました。

鏡を見ると寝ていたせいか髪の毛がボサボサです。

 

髪をほどき、神殿に向かいます。

夜の神殿は誰もいません。

 

まるで独り占めしているようでウキウキします。

そんな時ピーという音が聞こえてきました。

 

キョロキョロと周りを見ますが、誰も見当たらなく静かな空間です。

おばけなんじゃないかと怖がりますが、気のせいだと早足で歩きます。

 

ディエリゴのいる祈祷室に早く行かないと、と思っているとまたピーという音が鳴りました。

そして誰かが「おい」と声を掛けます。

 

振り返えると、またしても誰かがこっちに来るようにと声を掛けて来るのです。

そして嘘じゃないかとエレニカは驚きます。

悪党のお父様、私と結婚してください31話の感想&次回32話の考察予想

ディエリゴから見た陛下の想いを聞いたエレニカですが、それでも本当に自分が必要な存在なのかわかりません。

確かに、本人から聞かないと確信を持てないですよね。

 

そしてエレニカが祈祷室に向かう際に話し掛けられますが、何者なのでしょうか?

もしかしたらユーデタから見ていた銀髪が声の主かもしれません。

 

続きが気になります!

まとめ

今回は漫画『悪党のお父様、私と結婚してください』31話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

『悪党のお父様、私と結婚してください』はピッコマ限定で配信されているので、他のサービスでは読むことができません。

ですが、ピッコマで人気が出れば電子書籍化されるので、読めるように応援しましょう!

≫≫『悪党のお父様、私と結婚してください』の他の話数ネタバレはこちら

 

代わりといっては何ですがピッコマと同じく、大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信している漫画アプリ『マンガMee』をご紹介しますね♪

マンガMee

公式サイトはこちら

・登録不要!無料でダウンロード!
・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!
・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!